脱原発

「さよなら原発」金曜行動 人類と原発、共存できない

23843315_1097528573683463_5107439792805681341_n

 北九州市の「さよなら原発!北九州連絡会」は11月24日、小倉北区のJR小倉駅前で273回目のリレートークをしまし た。日本共産党の田村貴昭衆院議員、高瀬菜穂子県議が参加しました。  田村氏は、プラカードを持ち、九電が来年1月にも玄海原発を再稼働しようと狙っていることにふれ、「再稼働に反対し、子どもたちに放射能汚染のない日本を残しましょう」と[記事を表示]

原発再稼働反対 北九州連絡会金曜行動 田村衆院議員参加

さよなら原発北九州行動=9月10日

 「さよなら原発!北九州連絡会」は9月8日、北九州市のJR小倉駅前で262回目の金曜行動をしました。31人が「玄海原発今すぐ廃炉」などのプラカードを掲げ、原発再稼働阻止の署名を呼びかけました。  田村貴昭衆院議員が参加。日本共産党国会議員団として玄海原発を視察・調査したことを紹介し、「九電は対策を施したと言うが安全対策の根拠は示せませんでした。臨時国会[記事を表示]

原発頼りでは食べていけぬ 真島・藤野氏らに住民 佐賀・玄海

 九州電力玄海原発の視察で佐賀県玄海町入りした日本共産党国会議員団は8月30日夕、玄海原発対策住民会議の会員らと、原発に頼らない町の活性化策などについて意見交換しました。  真島省三、藤野保史両衆院議員、松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補、武藤明美、井上祐輔両県議が住民会議の仲秋喜道さん(87)や新雅子さん(83)らと懇談しました。  新鮮な魚料理[記事を表示]

玄海原発事故対策に疑問 共産党国会議員団が視察 九電、データ示さず説明 佐賀

DSC01940

 日本共産党国会議員団は8月30日、来年1月にも九州電力が再稼働強行を狙う玄海原発(佐賀県玄海町)を視察に訪れ、事故対策などについて調査しました。真島省三、藤野保史、田村貴昭各衆院議員、仁比聡平参院議員、松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補のほか、佐賀、長崎、福岡3県にまたがる原発立地・周辺自治体の地方議員ら合わせて20人が参加するかつてない規模の調査になりまし[記事を表示]

原発なくそう フクシマ忘れない 世界と時代の流れに 北九州市で集会・パレード

パレードに出発する日本共産の田村貴昭(手前右から3人)、真島省三議員(その左)ら=11日、北九州市

 さよなら原発!3・11北九州集会(主催=同集会実行委員会)が、北九州市小倉北区で開かれました。会場の市庁舎前の公園には「玄海原発 再稼働反対」などのプラカードや横断幕を手にした2000人が参加。日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員と地方議員が紹介されました。  主催者を代表して棚次奎介代表(北九州市立大学名誉教授)は、「集会を契機に、原発再稼働と[記事を表示]