福祉・医療・教育

難病など公費負担医療 受給者証期限延長へ 厚労省が通知

 厚生労働省はこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を避けるため、自立支援医家や小児慢性特定疾病、難病などの公費負担医療の受給者証の有効期限を1年間延長する予定であることを各都道府県に通知しました。現在の受給者証は、引き続き使用可能となる見通しです。  多くの病院でクラスター(感染者集団)が発生するなか、障害者団体からは「免疫力が低く、感染リスクが高い[記事を表示]

実勢価格合う制度に 歯科金属高騰に 田村貴昭衆院議員

tamura 6niti

 日本共産党の田村貴昭議員は4月6日の衆院決算委員会で、歯科治療に使われる金属材料・金銀パラジウム合金の実勢価格が高騰し、保険償還価格を上回る「逆ザヤ」を解消する制度の見直しを求めました。(質問動画はこちら)  厚労省は、4、10月の随時改定に加え、1、7月にも15%の価格変動があれば保険償還価格を改定するとしています。  田村氏は、4月の診療報[記事を表示]

子ども医療費 国の無料制度早く 全国ネットが国会内懇談会

Screenshot_2019-02-06 しんぶん赤旗電子版 今日の紙面

 「子どもの医療費無料制度を国に求める全国ネットワーク」(子ども医療全国ネット)は2月5日、「国会内懇談会」を開き、全国から120人が参加しました。  子ども医療全国ネットは新婦人、保団連、全日本民医連、医療生協連合会で構成され、「中学卒業まで、当面、就学前まで国の医療費無料制度を早期に創設すること」などを求めて活動しています。  この間、自治体[記事を表示]

保険で良い歯科医療を 医師ら集会 31万人分署名提出 倉林・武田・山添・田村 各氏あいさつ

日本共産党の田村衆院議員(右端)、山添参院議員(右から2人目)ら国会議員(右側)に請願署名を手渡す参加者=25日、衆院第1議員会館

 全国保険医団体連合会(住江憲勇会長)と「保険で良い歯科診療を」全国連絡会(雨松真希人会長)は1月25日、衆院議員会館で集会を開き、「保険で良い歯科医療」の実現を求める31万3917人分の請願署名を提出しました。集会には、医師、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、市民など170人が参加しました。  署名は、▽お金の心配なく歯科診療が受けられるよう窓口負担[記事を表示]

熊本地震 医療費免除継続を 田村貴昭議員ら 厚労省に申し入れ

2017091415_02_1

日本共産党の田村貴昭衆院議員は13日、熊本地震で被災者に対する国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険の窓口負担免除の特別措置の継続について、国会内で厚生労働省に申し入れました。 熊本県は国の特別措置の終了(9月末)にあわせ、医療費の窓口負担等の免除措置を打ち切ると8月29日付で公表しています。こうしたなかで、財政的な理由から免除を打ち切[記事を表示]