畜産・酪農(動物検疫・豚コレラ含む)

鳥インフル拡大、全国26例 防疫支援・被害補償を

 高病原性鳥インフルエンザの発生が各地で広がり、養鶏農家を中心に不安の声が広がっています。  高病原性鳥インフルエンザは、11月5日に香川県三豊市の農場で今季1例目が確認されました。国内の養鶏場での発生は、2018年1月以来、2年11カ月ぶり。12月15日までに10県で26例発生し、家畜伝染病予防法にもとづく殺処分は、農林水産省消費・安全局動物衛生課ま[記事を表示]

鳥インフル対策拡充を 田村衆院議員「職員に手当必要」

8日 農水委②

 日本共産党の田村貴昭議員は12月8日の衆院農林水産委員会で、全国で相次ぐ鳥インフルエンザにかかわって、農家の経営再開への支援拡充や、殺処分などで疲弊する自治体職員への手当を求めました。(質問動画はコチラ)  11月に香川県で確認された鳥インフルエンザの感染は6県25養鶏場に広がり、殺処分は約236万羽に及んでいます。  田村氏は、養鶏農家への補[記事を表示]

裏金で政治ゆがめたか 吉川元農水相疑惑 国会で追及

8日 農水委

 衆参両院の農林水産委員会は12月8日、閉会中審査をそれぞれ行い、野党各党は吉川貴盛元農水相が在任中に大手鶏卵生産企業アキタフーズ(広島県福山市)から現金数百万円を大臣室で受け取った疑惑をいっせいに追及し、面会記録の提出など求めましたが、野上浩太郎農水相や同省幹部は「捜査活動にかかわる」と拒否しました。 省あげた調査迫る 田村衆院議員  日本共産[記事を表示]

鳥インフル 支援ぜひ 田村貴昭議員にJA組合長 福岡・宗像

2日 鳥インフル (2)

 全国各地の養鶏場で鳥インフルエンザの感染が確認される中、日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月2日、先月、市内で感染が確認された福岡県宗像市を訪ね、JAむなかたの小島信昭組合長や市の担当者から実情を聞きました。  田村氏は「国内14例目の発生が確認されており、どこで起こってもおかしくない状況。しかも早いテンポで拡散している。市の状況を聞かせてほしい」と[記事を表示]

新型コロナ 農家守る支援策急務 農民連が農水省と交渉

 農民運動全国連合会(農民連)の笹渡義夫会長らは6月24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響から畜産農家やコメ農家の経営を守る緊急対策をとるよう農林水産省に要請しました。  要請では、肉用牛肥育の標準販売額(粗利益)が生産費を下回った分の9割を補てんする「肉用肥育経営安定対策交付金制度」(牛マルキン)で、4分の1を占める生産者負担金を免除するとともに、[記事を表示]