畜産・酪農(動物検疫・豚コレラ含む)

豚コレラ「食守るため支援を」 被害実態聞き取り 田村衆院議員

愛知の豚コレラ調査

 感染拡大が続いている豚コレラの問題で、田村貴昭衆院議員は9月12日、愛知県田原市に入り、野田南部養豚組合の鈴木信代表理事、生産者の男性と懇談。被害の実態や国への要求などを聞き取りました。日本共産党の須山初美県常任委員、本多正一・愛知農民連事務局長らが同席しました。  昨年夏、岐阜市の養豚場で26年ぶりに豚コレラが確認され、9日で1年。これまでに殺処分[記事を表示]

ワクチン含め対策すぐ/豚コレラで農民連など要請

緊急対策を求める森島(左から3人目)、笹渡(同4人目)両氏ら。左端は田村衆院議員=31日、衆院第2議員会館

 家畜伝染病・豚コレラの感染が拡大を続けるなか、農民運動全国連合会(農民連)、農民連ふるさとネットワーク、畜産農民全国協議会(畜全協。農民連に団体加盟)は31日、まん延防止策などを農林水産省に要請しました。  農民連の笹渡義夫会長、畜全協の森島倫夫会長、千葉県、神奈川県の生産者らが、ワクチン接種を一律に否定せず、弾力的に対応することなどを求めました。 [記事を表示]

豚コレラ 拡大阻止と農家支援を 農民連など農水省に要求

豚コレラ

 国内で発生が続く家畜伝染病・豚コレラの感染拡大の防止などについて、農民運動全国連合会(農民連)は4月8日、養豚農家も参加して、農林水産省に要請しました。  豚コレラは、昨年9月以降、今年3月末までで17例が確認されています。  交渉には、農民連の笹渡義夫会長、農民連に団体加盟する畜産農民全国協議会(畜全協)の森島倫生会長のほか、群馬、千葉、埼玉[記事を表示]

防疫は政府の責任 豚コレラ問題 田村貴昭衆院議員ただす 農水委

豚コレラ 14日農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は3月14日の衆院農林水産委員会で、豚コレラ感染の責任をもっぱら農家の衛生管理に押し付けている政府を批判し、防疫体制強化を強く要求しました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、ウイルスを持ち込ませないことが政府の第一義的な責務だとし、防疫官や探知犬の体制が追いつかないもとでウイルスが侵入したと指摘。吉川貴盛農水相は「防疫体制は強[記事を表示]