新型コロナウィルス

コロナ禍 国は医療守って 「プロジェクト」が署名提出

 コロナ禍で深刻な経営難に陥っている医療機関に対し、国による財政支援を求めて8月25日、都内の医科大学で研究職をしている男性が国会議員会館を訪れ、オンラインを通じて4万6276人から集めた署名を与野党の国会議員に手渡しました。  署名のタイトルは、「国は赤字の病院を救ってください!」。すべての医療機関を対象に、空床確保に伴う収益減を含めた通常利益の減少[記事を表示]

コロナ禍在庫増大 米価暴落の危機/農民連・共産党らが備蓄米買い入れを要求

農村で不安広がる  米価暴落への不安が農村で広がっています。農民運動全国連合会(農民連)や日本共産党などは価格や需給安定のために政府備蓄米の買い上げを大幅に増やすなど抜本的な対策を求めています。  新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで、飲食店の営業や旅行の自粛などが広がり、需要が急減。コメの民間在庫が増大しています。農水省のまとめによると、民[記事を表示]

備蓄米買い入れ増やせ 共産党が要請 農水相「検討する」

116342154_3283620285109933_193853692664223141_n

 日本共産党の紙智子参院議員(党農林・漁民局長)、田村貴昭衆院議員(農林水産部会長)、藤野保史衆院議員は8月4日、新型コロナウイルスの感染拡大による需要急減による米価暴落を防ぐため、備蓄米の買い入れ増などの対策を江藤拓農水相に要請しました。江藤農水相は、備蓄米買い入れなどについて「省内で検討したい」と答えました。  要請では、政府備蓄米の買い入れを大幅[記事を表示]

コロナ禍 病院奮闘、政治は応えて 田村衆院議員に院長 福岡

2020070902232

日本共産党の田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は7月8日、福岡県民主医療機関連合会に加盟する病院の院長、専務らとリモート懇談し、コロナ禍で深刻な経営危機に陥っている医療・介護現場の実情を聞き取りました。  千鳥橋病院の山本一視院長はコロナ陽性患者を受け入れた医療機関以外の病院でも4、5月は大きな減収になっているのに、支援が届[記事を表示]

新型コロナ 業者苦しい 田村衆院議員、商工会議所と懇談 大分・別府

倉原氏(左から2人目)らと懇談する田村衆院議員(右から2人目)=6日、大分県別府市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月6日、コロナ禍で老舗旅館が倒産するなど地域経済が深刻な打撃を受けた大分県別府市で、別府商工会議所の倉原浩志専務理事らと懇談し、温泉観光地を支える飲食業や竹細工、菓子製造業など苦境に立つ産業界の実態を聞き取りました。猿渡(えんど)久子県議と平野文活、美馬恭子の両市議が同席しました。 倉原氏は同所が実施した事業所アンケ[記事を表示]