公共交通・インフラ(長崎新幹線・下関北九州道路・治水・鉱害)

日田彦山線 鉄道で復旧を 田村議員が住民と懇談 東峰村・添田町両首長も参加 福岡

日田彦山線復旧を訴える田村議員(右)と渋谷村長(向かってその左)=27日、福岡県東峰村

九州北部豪雨で一部不通となったままのJR九州・日田彦山(ひたひこさん)線の鉄道での復旧のため、日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月27日、福岡県東峰村と添田町で住民との懇談会を開きました。渋谷博昭・東峰村長、寺西明男・添田町長がそれぞれ参加しました。  田村氏は、国や県の支援でJR九州の負担が17億円まで減ることや、復旧に使える406億円の基金が残ってい[記事を表示]

豪雨災害 日田彦山線復旧は鉄路で 党が九州運輸局要請 福岡と大分

-5328590069898861506_IMG_6098

 2017年7月の九州北部豪雨で被災し一部区間が不通のままのJR九州日田彦山線(ひたひこさんせん)の鉄道での復旧を求め、福岡、大分両県の日本共産党と国会議員団は6月14日、福岡市で九州運輸局に対し要請行動をしました。  田村貴昭衆院議員、高瀬菜穂子、立川由美両福岡県議、堤栄三大分県議、永沼嘉代子福岡県添田町議が参加。担当者に、日田彦山線の早期全面復旧に[記事を表示]

鉄路復旧「一歩も引かない」 JR日田彦山線 田村議員に地元首長 福岡

LRG_DSC03327

 九州北部豪雨の被害で一部区間が不通となっているJR日田彦山線の鉄路での復旧を目指し、日本共産党の田村貴昭衆院議員は5月11日、福岡県添田町で寺西明男・添田町長、渋谷博昭・東峰村長と懇談しました。高瀬菜穂子県議、永沼嘉代子町議が同席しました。  同線は2017年7月の豪雨により添田町から東峰村、大分県日田市にかけての区間が不通となりました。復旧会議でJ[記事を表示]

今も毎年数件の陥没 田村衆院議員が旧産炭地被害を調査 福岡・飯塚

飯塚鉱害調査=4月26日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は4月26日、福岡市の九州経済産業局を訪ね、福岡県飯塚市の住宅敷地の陥没・沈下問題について鉱害課職員から聞き取りをしました。  田村氏は「居住者は親子代々この場所に暮らし、不安な生活をおくっている。原因を特定したい」とのべました。家屋の傾きや玄関のコンクリート床の陥没、深さ80センチに及ぶ地割れなどの問題をあげ、鉱害が起き[記事を表示]