現地調査・要望聞き取り

ダムなし治水検討 早急に 堆積土砂で被害が深刻 球磨川豪雨災害で共産党調査 田村衆院議員・仁比前参院議員ともに 熊本

かさ上げした堤防を乗り越えて水が押し寄せた現場を確認する調査団=2日、熊本県八代市坂本町

 熊本県で死者・行方不明者67人など甚大な被害をもたらした「7月豪雨」。日本共産党の田村貴昭衆院議員、仁比聡平前参院議員も参加して行った党熊本県委員会の球磨(くま)川の「豪雨水害治水調査」(8月2、3日)では、異常気象による記録的豪雨の一方、ダムが川の流れを妨げ、河床掘削・堤防強化など治水対策が進んでいないことが浮き彫りになりました。 球磨川流域では[記事を表示]

離農生まぬ施策必要 田村議員が豪雨被害の相良村を調査 熊 本

相良村の葉タバコ被害調査=3日 ④

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は8月3日、熊本県農民連とともに7月豪雨で大規模災害が発生した熊本県相良(さがら)村に入り農業被害などを調査しました。県農民連の笹渕賢吾会長(党県農林部員)らが参加しました。  相良村は、村内を流れる川辺川(球磨川水系最大の支流)が氾濫して家屋や農地に甚大な被害をもたらし、中でも農業被害は深刻です。川辺川の堤防未設置区間か[記事を表示]

球磨川 整備着手を 豪雨被害で田村衆院議員ら調査 熊本

Screenshot_2020-08-03 しんぶん赤旗電子版 今日の紙面

 7月の記録的豪雨で甚大な被害が発生した熊本県の球磨(くま)川水系を検証して今後の治水対策に生かそうと、日本共産党熊本県委員会の「豪雨水害調査」が8月2、3の2日間の日程で始まりました。田村貴昭衆院議員、仁比聡平前参院議員、松岡勝委員長、山本伸裕県議らが参加しました。  初日は、八代市の坂本町地区、芦北町の瀬戸石ダム近隣の吉尾、箙瀬(えびらせ)両地区の[記事を表示]

米軍弾薬庫計画を調査 空自新田原基地/田村貴昭・まじま氏ら 宮崎

 日本共産党の田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補と宮崎県委員会は7月27日、米軍弾薬庫建設が計画されている同県新富町の航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地を調査しました。来住一人、前屋敷恵美の両県議、吉田貴行・新富町議、中村末子・高鍋町議らが同行しました。 同基地は「普天間基地(沖縄県宜野湾市)の能力の代替」として、米軍の弾[記事を表示]

ダムによらない治水を 長崎・石木ダム予定地を田村議員が視察

106781399_2501610789941894_7078758803876104507_n

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月10日、長崎県と佐世保市が計画する石木ダムの建設予定地の川棚町で、大雨洪水警報が発令された川棚川や石木川などを視察しました。 この日、田村氏は地元住民と懇談。その 「県は大雨が降ると、石木ダム建設事務所発行の『ダムだより・水のわ』というチラシを新聞に折り込んで、町民の不安をあおっている」との訴えがあり した [記事を表示]