農林水産委員会-

森林盗伐「深刻な事態」 田村貴昭氏に農水相が答弁

森林盗伐問題で質問=18日、農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は4月18日の衆院農林水産委員会で、全国で相次ぐ森林盗伐・無断伐採の被害の実態を示し、国の対策を求めました。斎藤健農水相は「深刻な事態だと重く受け止めた」と答弁しました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ) 無断伐採をめぐっては、田村氏の要求に基づいて林野庁が全国調査を実施。2017年4月~18年1月に、都道府県・市町[記事を表示]

森林の健全育成に逆行 田村氏 経営管理法案を批判

田村議員 4月17日、環境委員会

 衆院農林水産委員会は4月17日、森林の経営管理権を所有者から市町村に集積する森林経営管理法案を日本共産党以外の賛成多数で可決しました。共産党の田村貴昭議員は質疑で、森林の健全育成に逆行すると批判しました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  田村氏は、“森林所有者の84%は経営意欲が低い”などとした農水省アンケートが、「現状維持したい」人も[記事を表示]

根拠データ意図的変更 森林経営管理法案 田村氏、撤回迫る

森林・林業政策について=4月11日 

 日本共産党の田村貴昭議員は4月11日の衆院農林水産委員会で、森林所有者に対し伐採などの経営管理の責務を負わせる森林経営管理法案について、説明資料として林野庁が示した森林資源に関する意識調査の結果が意図的に変更されたと明らかにし、審議の前提が崩れたとして撤回を求めました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  同法案は、植林後約50年を経た成熟[記事を表示]

諫早 農・漁共存目指せ 田村氏 非開門前提の国批判

諫早湾干拓と和解協議 4月5日 農水

 日本共産党の田村貴昭議員は4月5日、衆院農林水産委員会で、諫早湾干拓事業をめぐる請求異議訴訟で非開門前提の和解案に固執する国の姿勢を批判し、諫早湾の漁民と干拓地の営農者が共存できる道を模索する立場をとるべきだと主張しました。 (質問動画はコチラ) (会議録はコチラ)  田村氏は、開門を前提としない和解案は既に長崎地裁で決裂したものであり、国が非開門[記事を表示]

農地の多面性ゆがむ 植物工場促進を批判 田村衆院議員

4月4日 植物工場について 田村議員

 衆院農林水産委員会は4月4日、農業経営基盤強化促進法改定案を、日本共産党、無所属の会を除く各党・会派の賛成多数で可決しました。日本共産党の田村貴昭議員は反対討論で、財界から要望を受けた政府の規制改革推進会議のまとめた意見書を、そのまま法案化したものだと指摘。企業が運営する「植物工場」の進出促進、税負担軽減が狙いであり、農地のあり方をゆがめると批判しました。[記事を表示]