自由貿易協定(TPP・EPA・FTA)

日米貿易協定案 再協議規定の危険 さらなる関税下げも 田村衆院議員追及

田村議員=13日農水 

 日本共産党の田村貴昭議員は11月13日の衆院農林水産委員会で、日米貿易協定案をとりあげ、強力な再協議規定を盾に米国が、コメなど今回は対象外だった品目だけでなく、既に首脳間で合意した農産品等のさらなる関税引き下げも迫ってくる危険があると追及しました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、日米共同声明や協定案の付属書の規定を挙げて「本協定案には強力な再協議規[記事を表示]

自動車関税でごまかし 日米貿易協定 田村衆院議員が追及 農水委

vlcsnap-2019-11-13-15h15m08s807

 日本共産党の田村貴昭議員は11月12日の衆院農水委員会で、日米貿易協定をめぐり、米国側の自動車・部品関税が撤廃されるかのように政府が装っていた問題を追及しました。(質問動画はコチラ)  外務省は、日米貿易交渉が最終合意に至った直後の9月26日、自動車関連の関税について「米国譲許表に『更なる交渉による関税撤廃』と明記」したと説明し、今後の交渉は関税撤廃[記事を表示]

国民と国会欺き推進 田村衆院議員が日米貿易協定を追及 衆院合同審査

vlcsnap-2019-11-08-14h04m15s676

 日米貿易協定をめぐる11月7日の衆院外務、農林水産、経済産業の各委員会の合同審査会で、安倍政権が国民と国会をだまして日米貿易協定を進めていることが浮き彫りになりました。日本共産党の田村貴昭議員の質問での自動車・自動車部品の関税撤廃をめぐる追及から明らかになりました。(動画はコチラ)  田村氏は、協定本文が公表されていない9月26日に外務省が示した文書[記事を表示]

日米貿易協定批准するな 全国食健連が座り込み

 農民、女性、医療などの団体、労働組合などでつくる「国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会」(全国食健連)は11月6日、衆院外務委員会で実質的な審議が始まった日米貿易協定・日米デジタル貿易協定の徹底審議と廃案を求めて、衆院第2議員会館前で座り込み行動を行いました。  行動には、全国食健連に参加する団体・労組のほか、環太平洋連携協定(TPP)に反対する行動[記事を表示]

国内需要が奪われる 農産物輸出促進法案反対 田村衆院議員

農水委で質問 11月6日②

 衆院農林水産委員会で11月6日、農林水産物などの輸出促進法案の採択が行われ、賛成多数で可決されました。田村貴昭議員は、輸入自由化によって「国内需要が外国産に奪われることから目をそらすものだ」として反対しました。(質問動画はコチラ) 同法案は、農林水産相を本部長とする「農林水産物・食品輸出本部」を「司令塔」組織として設置し、輸出拡大戦略を進めるもの。[記事を表示]