自由貿易協定(TPP・EPA・FTA)

「亡国の農政」を転換 参院選へ 農民連が全国代表者会議

農民連代表者会議=13日

 農民運動全国連合会(農民連)は6月13日、東京都内で全国代表者会議を開きました。日米自由貿易協定(FTA)交渉阻止や消費税10%増税中止、夏の参院選へ向けたたたかいを呼びかけました。  あいさつした笹渡義夫会長は、大規模輸入を進めながら大企業の利益を最優先させ、家族農業を破壊する「安倍農政」は、小規模・家族農業を大切にする「世界の流れと逆行している」[記事を表示]

農水委で集中審議を 日米貿易交渉めぐり野党3党

日米貿易協定密約問題野党合同ヒアリング。

 日米貿易交渉の問題をめぐり、日本共産党、立憲民主党、国民民主党の野党3党の衆院農林水産委員会の理事・委員が6月5日の理事会で、予算委員会の開催とあわせて農水委員会で安倍晋三首相が出席する集中審議を開催するよう求めました。  また、野党は国会内で、日米貿易交渉問題で合同ヒアリングを開催しました。安倍晋三首相が、昨年9月の日米共同声明の中で、農林水産品で[記事を表示]

大幅譲歩迫られたか/田村貴昭議員 日米貿易交渉 説明を

日米首脳会談について=29日、農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は5月29日の衆院農林水産委員会で、日米首脳会談で農産物の関税撤廃など大幅な譲歩を迫られたのかどうか追及しました。政府はまともに答弁しませんでした。(質問動画はコチラ)  田村氏は、トランプ大統領が訪日中に「日本と貿易交渉で大きな進展があった。農業と牛肉が重点的な対象だ」とツイッターで投稿したことを紹介。「農業と牛肉で日本側が[記事を表示]

日米貿易交渉 畜産業に重大な被害 田村貴昭議員が質問 衆院農水委

日米自由貿易交渉について質問 田村議員=5月8日

 日本共産党の田村貴昭議員は5月8日の衆院農林水産委員会で、日米貿易交渉をめぐり、日本の畜産業が重大な被害を受ける危険について質問しました。 (質問動画はコチラ)  田村氏は、4月の日米首脳会談でトランプ米大統領が日本の農産物の関税を「撤廃したい」と迫ったことは重大だと指摘。話し合われた内容に関する情報もなく、国民的議論もないまま合意することなど許さ[記事を表示]