農林水産委員会

肉牛農家へ支援拡充 交付金大幅増額を要求 田村貴昭衆院議員

 新型コロナウイルス拡大で大打撃を受け経営難に陥っている和牛・国産牛の農家を支援する肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)の交付額が本来9割であるにもかかわらず、実際は67・5%しかないことが5月12日、わかりました。同日の農林水産委員会で日本共産党の田村貴昭議員が大幅な拡充を求めました。(質問動画はこちら)  牛マルキン制度は、肉用牛の販売価[記事を表示]

魚価下落で休漁も 田村衆院議員が大規模な支援要求

 田村貴昭議員は5月12日の衆院農林水産委員会で、新型コロナウイルス感染拡大で価格低下に直面する漁業者の実態を取り上げ、対策の抜本的拡充と、米国など諸外国と比較し見劣りする農林水産業への支援の大幅増額を求めました。(質問動画はこちら)  田村氏は「全国で価格が3割から7割下落し、休漁を余儀なくされている」と指摘。政府の対策には漁業共済しかないのにもかか[記事を表示]

不正な精液国外搬出阻止 家畜改良法改正案など可決 田村貴昭衆院議員が質疑 農水委

3月31日 農水委

 衆院農林水産委員会で3月31日、家畜遺伝資源の不正競争防止法案と家畜改良増殖法改正案が全会一致で可決されました。契約に違反した精液の国外持ち出しを差し止められるようにするものです。日本共産党の田村貴昭議員は質疑で、問題点をただしました。(質問動画はこちら)  両法案は、2018年に和牛精液・受精卵が中国へ持ち出された事件がきっかけ。通常、精液などを購[記事を表示]

新型コロナ 学校給食停止の対策強めよ 田村貴昭衆院議員「補償請求に配慮を」

3月24日 農業基本計画②

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は3月24日の衆院農林水産委員会で、「全国一律休校」に伴って学校給食が多くの地域で停止し、農家が学校以外に農産物の販路を求めざるを得ない状態になったことへの対策強化を求めました。(質問動画はこちら)  田村氏は、市町村が業者に補填(ほてん)金を全額支払い、年度内に国に請求することになっていることについて「農家によると、米な[記事を表示]

家族経営農家を守れ 田村貴昭氏、重要性を強調

3月24日 農業基本計画③

 日本共産党の田村貴昭議員は3月24日の衆院農林水産委員会で、中小・家族経営の農家を守り国内農業生産の増大を基本とした「食料・農業・農村基本計画(基本計画)」の重要性を強調し、安倍政権の競争強化一本の農政を強く批判しました。(質問動画はこちら)  田村氏は、安倍政権のもとで種子法廃止や漁業法改定など、基本計画にはない政策が「農林水産業・活力創造プラン」[記事を表示]