農林水産委員会

日米貿易協定案 再協議規定の危険 さらなる関税下げも 田村衆院議員追及

田村議員=13日農水 

 日本共産党の田村貴昭議員は11月13日の衆院農林水産委員会で、日米貿易協定案をとりあげ、強力な再協議規定を盾に米国が、コメなど今回は対象外だった品目だけでなく、既に首脳間で合意した農産品等のさらなる関税引き下げも迫ってくる危険があると追及しました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、日米共同声明や協定案の付属書の規定を挙げて「本協定案には強力な再協議規[記事を表示]

自動車関税でごまかし 日米貿易協定 田村衆院議員が追及 農水委

vlcsnap-2019-11-13-15h15m08s807

 日本共産党の田村貴昭議員は11月12日の衆院農水委員会で、日米貿易協定をめぐり、米国側の自動車・部品関税が撤廃されるかのように政府が装っていた問題を追及しました。(質問動画はコチラ)  外務省は、日米貿易交渉が最終合意に至った直後の9月26日、自動車関連の関税について「米国譲許表に『更なる交渉による関税撤廃』と明記」したと説明し、今後の交渉は関税撤廃[記事を表示]

農業復旧 補助率引き上げへ 田村氏に農水相が答弁 衆院農水委

キャプチャ_2019_11_06_13_42_18_129

 江藤拓農水相は、11月6日の衆院農林水産委員会で、今年の大雨・台風によって損壊した農業用施設等の復旧を支援する「強い農業担い手づくり総合支援交付金(被災者農業者支援型)」の補助率を10分の3から引き上げることを表明しました。日本共産党の田村貴昭議員の質問への答弁です。(動画はコチラ)  同交付金の被災者農業者支援型は、すべての被災農家を対象として、農[記事を表示]

国内需要が奪われる 農産物輸出促進法案反対 田村衆院議員

農水委で質問 11月6日②

 衆院農林水産委員会で11月6日、農林水産物などの輸出促進法案の採択が行われ、賛成多数で可決されました。田村貴昭議員は、輸入自由化によって「国内需要が外国産に奪われることから目をそらすものだ」として反対しました。(質問動画はコチラ) 同法案は、農林水産相を本部長とする「農林水産物・食品輸出本部」を「司令塔」組織として設置し、輸出拡大戦略を進めるもの。[記事を表示]

被災農家を追い打ち 日米貿易協定やめよ 農水委で田村衆院議員

田村議員24日、農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は10月24日の衆院農林水産委員会で、8月以降の大雨・台風による農業被害への支援拡充を求めたうえで、こんなときに食と農業を脅かす日米貿易協定を承認するなどやめるべきだと迫りました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、農業被害対策で大事なのは「離農者を出さないことだ」と述べ、被災農家の収入ゼロ期間をつくらないよう要求。江藤拓農水相[記事を表示]