農林水産委員会

クロマグロ投棄疑い 田村貴昭議員が検証求める

質問する田村貴昭議員=12月5日、衆院農水委

 日本共産党の田村貴昭議員は12月5日の衆院農林水産委員会で、大型まき網漁船が水揚げ時に死んで売り物にならないクロマグロを海に不法投棄している疑いがあるとして検証を求めました。(質問動画はコチラ)  クロマグロには漁獲量の制限があり、捕獲数を国や都道府県に報告することが法律で義務付けられています。  田村氏は、まき網漁船の元乗組員がテレビ東京の番[記事を表示]

農家への支援充実を 畜産問題で集中審議 田村貴昭・紙両氏

12月5日 農水委 (2)

農家への支援充実を 田村貴昭・紙両氏 畜産問題で集中審議 2019年12月6日【2面】  衆参農林水産委員会は12月5日、それぞれ畜産問題に関する集中審議を行い、日本共産党の田村貴昭衆院議員、紙智子参院議員が、親から継いだ畜産農家や家族経営への支援充実を求めました。  田村氏は、親から継いだ新規就農者(親元承継)への支援を求める宮崎県の肉用牛農家[記事を表示]

肥料の安全ただす 調査の職員増やせ 田村貴昭衆院議員

11月20日 農水委

 田村貴昭議員は11月20日の衆院農林水産委員会で、使用できる肥料の原料を公定規格で明確化し、原料管理制度を導入して副産物肥料の利用拡大を促す肥料取締法改正案に関連し、肥料の安全性についてただしました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、工業製品工場由来の副産物肥料には、重金属など有害物質が含まれる危険性があるとして、活用する肥料を質問。農水省の新井ゆた[記事を表示]

さらなる譲歩の危険 田村衆院議員が日米貿易協定案で指摘 衆院農水委

11月13日 農水委

 田村貴昭議員は11月13日の衆院農林水産委員会で、日米貿易協定案をとりあげ、米国が強力な再協議規定を盾に、コメなど今回は対象外の品目だけでなく、すでに首脳間で合意した農産品等のさらなる関税引き下げも迫ってくる危険があると追及しました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、「本協定案には強力な再協議規定がある」と述べ、「牛肉・豚肉などの関税率変更、セーフガ[記事を表示]

日米貿易協定案 再協議規定の危険 さらなる関税下げも 田村衆院議員追及

田村議員=13日農水 

 日本共産党の田村貴昭議員は11月13日の衆院農林水産委員会で、日米貿易協定案をとりあげ、強力な再協議規定を盾に米国が、コメなど今回は対象外だった品目だけでなく、既に首脳間で合意した農産品等のさらなる関税引き下げも迫ってくる危険があると追及しました。(質問動画はコチラ)  田村氏は、日米共同声明や協定案の付属書の規定を挙げて「本協定案には強力な再協議規[記事を表示]