基地問題

辺野古工事と関係か 田村貴昭氏 ジュゴンの死ただす

ジュゴンの保護を=2日、環境委

 田村貴昭議員は4月2日の衆院環境委員会で、沖縄本島北部でジュゴンの死骸が見つかった問題で、名護市辺野古への米軍新基地建設工事の影響をただしました。(質問動画はコチラ)  ジュゴンは、絶滅の恐れのある国の天然記念物。防衛省沖縄防衛局は、新基地建設にあたっての追跡調査で3頭の生息を確認しており、このうち「個体B」の死骸が3月に沖縄本島北部の今帰仁村(なき[記事を表示]

馬毛島の購入やめよ 党県委が防衛省要請 鹿児島

20190122_150123

 米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転が狙われている鹿児島県の馬毛島(西之表市)の買収をめぐり、政府が地権者と売買仮契約を結んだことを受け、日本共産党の鹿児島県委員会が1月22日、国会内で防衛省に同島の購入中止を求める要請書を手渡しました。  仁比聡平参院議員、赤嶺政賢、田村貴昭両衆院議員、松崎真琴・鹿児島県議が同席しました。  要請[記事を表示]

温泉に米軍あわない 田村氏ら観光協会と懇談 “由布院ブランドの脅威”“オスプレイ恒常化困る” 大分

10774703408_IMG_2590

 大分県の陸上自衛隊日出生台(ひじゅうだい)演習場で地元自治体、住民の反対や懸念の声を踏みにじり強行された米軍機オスプレイの飛行訓練について、日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月16日、現地を調査し、由布院温泉観光協会(由布市)の桑野和泉会長、生野敬嗣元事務局長らと懇談しました。  米軍普天間基地所属のオスプレイ2機が12日、飛行コースも明かさずに突然[記事を表示]

九州2基地 米軍拠点化 オスプレイF35飛来も 「負担軽減」口実に日米政府

九州2基地 米軍拠点化 20181026赤旗

 日米両政府は10月24日の日米合同委員会で、航空自衛隊築城(ついき)基地(福岡県築上町)、新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)に米軍の武器弾薬庫や戦闘機の駐機場などを整備することで合意しました。「沖縄の負担軽減」を口実にした日本全土の米軍基地化が加速しています。  合意は、普天間基地(沖縄県宜野湾市)の「能力を代替」するとして、両基地に駐機場、[記事を表示]

翁長氏の志継ぎ新基地造らせない 沖縄県民大会に7万人

沖縄県民大会=11日

 沖縄県名護市辺野古に新基地を造らせないと、病床で亡くなるまでたたかい続けてきた故・翁長雄志知事の志を受け継ぎ、新基地建設断念の声を上げ続けようと、「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」が8月11日、那覇市の奥武山(おうのやま)公園陸上競技場で開かれました。この日、沖縄に連帯して北海道から鹿児島まで全国で[記事を表示]