宣伝・選挙(国政・地方)

熊本豪雨被災地に募金を 田村衆院議員が朝宣伝で訴え 北九州

朝宣伝で災害募金の訴え=6日

 九州南部を襲った豪雨の被災地へ県外からの支援を集めようと、日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月6日、北九州市小倉北区のJR西小倉駅前での朝宣伝で募金を訴えました。  田村氏は、4日と5日、熊本県芦北町と人吉市で調査した甚大な被害の状況を報告し、「日本共産党は直ちに義援金活動を開始します。お志をお寄せください」と呼びかけました。被災者生活再建支援法の抜本[記事を表示]

河井疑惑終わらせぬ 田村衆院議員迎え国政報告会 長崎

長崎街頭国政報告会=22日

 長崎県の日本共産党南部地区委員会は6月22日、田村貴昭衆院議員を迎え、長崎市の繁華街で国政報告会を行いました。内田隆英、中西敦信の両市議も訴えました。  田村氏は、河井克行前法相夫妻が買収容疑で逮捕された問題について、「世論調査では、9割を超える国民が、河井夫妻はすぐに辞職すべきだと答えている。安倍首相がおわびの会見を開いただけで終わらせるわけにはい[記事を表示]

生活支え命守る政治に 田村衆院議員氏が呼びかけ 北九州

104417858_2448238405279133_7348035996764028802_n

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月19日、北九州市小倉北区、同南区の7ヵ所で街頭演説をし、閉会した国会情勢を語るとともに閉会中審査への決意を語りました。  田村氏は、河井前法相夫妻の買収疑獄について安倍首相の任命責任を指摘。「野党一体となって閉会中審査での集中審議を求めてたたかいます。金権腐敗のおおもとにある企業・団体献金や政党助成金を禁止・廃止させ[記事を表示]

鹿児島市議選告示 暮らし守る3候補必ず 田村貴昭氏が応援

鹿児島市議選告示

 鹿児島市議選(19日投票)が4月12日、告示されました。現有3議席確保を目指す日本共産党は、現職の大園たつや(42)、園山えり(42)、たてやま清隆(64)の3氏が立候補し、「市民の命と暮らし、平和を守る防波堤の役割を果たす日本共産党の3議席を再び市議会に」と降りしきる雨の中で声を振り絞りました。  定数5減の45議席を60人が争う多数激戦。[記事を表示]

福岡・行橋市議選告示 とくなが・田中両候補が第一声 暮らしと営業守る力 田村衆院議員訴え

行橋市議選出発式=5日

 福岡県行橋市議選が告示(12日投票)された4月5日、日本共産党の田村貴昭衆院議員が、とくなが克子、田中次子両候補の第一声に駆け付けました。  田村氏は、新型コロナウイルス感染拡大について安倍政権の対応が混乱を招いていると批判。自粛とセットの補償や、万全の医療体制確保を訴えました。  「日本共産党候補への一票は安心のコロナウイルス対策を実現し、暮[記事を表示]