要請・請願・政府交渉

宮崎・養魚施設シラス流入被害 田村衆院議員が国交省聞き取り

担当者(左端)から説明を受ける(その右)田村氏ら=2021年12月28日、宮崎市 (2)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は昨年12月28日、宮崎県都城市で起きた養魚施設への土砂流入と魚の被害について解決を図ろうと、国土交通省宮崎河川国道事務所で状況を聞きました。養魚業者、来住一人県議が同席しました。工務第二課長、工務係長か対応しました。  土砂流入被害は2020年7月の大雨の後、養魚施設にシラス(土砂)が流入し、魚が死んだもので、施設の1キ[記事を表示]

諫早・ノリ養殖の赤潮被害 農水省にヒアリング

23日 海苔の危機に対応しない政府を追及 (2)

 諫早湾干拓事業によりノリ養殖の赤潮被害が起きている問題で、有明海漁民・市民ネットワークは12月23日、野党議員とともに国会内で農林水産省にヒアリングを行い、署名を提出しました。  佐賀県西部の大浦、太良の漁場では今年、深刻なノリの不作が広がっており、収穫、入札に出品すらできない状況です。現地から漁民がズームで参加し、「25年養殖してきたが、秋ノリで一[記事を表示]

国民生活第一の予算に 国民大運動 財務相に要請 田村・大門議員同席

Screenshot 2021-12-23 at 10-21-22 しんぶん赤旗電子版 今日の紙面

 「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を」国民大運動実行委員会は12月22日、来年度予算案編成について鈴木俊一財務相に申し入れを行い、「安定した雇用と社会保障の拡充など国民生活を第一に考えてほしい」と訴えました。日本共産党の田村貴昭衆院議員、大門みきし参院議員が同席しました。  鈴木氏に申し入れ書を手渡した代表世話人の小畑雅子・全労連議長は、コロ[記事を表示]

生産現場へ支援急務 党国会議員団 酪農・畜産問題で農水相要請

20日 金子農水大臣に要請

 日本共産党国会議員団は12月20日、農林水産省を訪れ、酪農・畜産にかかわる問題について金子原二郎農水相に要請しました。  要請には、田村貴昭衆院議員・党農林水産部会長、紙智子、武田良介の両参院議員が参加しました。  コロナ禍による生乳、乳製品の需要の減少と、燃油や輸入飼料など生産価格資材の高騰によって生産者の経営環境が悪化し、「経営が継続できな[記事を表示]

自給率向上へ農政転換 全国食健連「秋の行動」 米価暴落対策・戸別所得補償 経営守る政策求める

 農民、女性などの各団体や労働組合でつくる「国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会」(全国食健連)は12月17日、10月以降取り組んできた「秋の行動」の中央集結集会と農林水産省への要請を行いました。  農水省には、米価暴落のもと政府備蓄米の拡充など市場隔離、生活困窮者、学生・子どもへの支援拡充を要求。戸別所得補償制度の復活など農民の経営を守る対策、食料自[記事を表示]