エッセイ

赤旗「水曜随想」 「異次元の放置」を問う/衆院議員 田村貴昭

0726-1 「川があるのに、なんで土手がないのか…」。筑後川水系の住民がぽつりとつぶやいた。大雨のたびに冠水被害が常態化。「まるで自然遊水池のようになっとる」。現場を確認し、国土交通省に尋ねたら「遊水池の位置づけはない。改修の計画もない」。なんということだ。河川改修計画を見直し、築堤、河道掘削など対策をすぐに行うことを強く要請したのは言うまでもない。
想像を超える豪雨被害が続いているのに、治水対策が手つかずのところがごまんとある。「異次元の放置」を即刻やめよ。復旧と防災、被災者の生活再建にはどれだけ多くの費用を必要とすることか。岸田総理に聞きたい。兵器爆買い、軍拡している場合じゃないだろう。
九州で線状降水帯が発生した翌日の11日、総理はNATO首脳会合に出席した。思い出すのは、5月の広島サミットで、イタリアのメローニ首相が洪水被害への対応のため、早めに帰国したことだ。「困難な時期にイタリアから離れていることはできない」と。
命にかかわる猛暑の中、泥出しに片付けに追われる被災者の姿を想像してみたことがあるだろうか。いまだに総理の足は被災地に向いていない。
田んぼが冠水してぼう然と立ちすくむ農業者。丹精込めて作った花鉢がすべて泥水につかった園芸農家は「どこから手を着けていいのか・・・」。悲痛の声を農水省に届けるが、既存の対策を述べるにとどまっている。「離農をさせない。営農再開に政府は責任を持つ」ぐらいのことは言ってもいいではない
か。
災害対策委員会が来月開かれる。コロナ禍、物価高騰、その上に災害が押し寄せた。被災者にこれまでにない最大の支援を行う。それがまともな政治というものではないのか。厳しく問いたい。(しんぶん赤旗 2023年7月26日)

赤旗「水曜随想」 総選挙新たなたたかい/衆院議員 田村貴昭

田村貴昭 背景無し② 冬。通常国会の開会は1月23日だった。寒さに弱い私だが、エンジンを温めさっそく論戦開始。岸田総理に賃上げと消費税減税・インボイス中止を求めた。どれだけ物価が上がっても無策状態が続き、今に至るも国民の財布の中は凍ったまま。なんと冷たい政治か。
 
 春。桜の花をめでるいとまもなく、所属する三つの委員会を中心に質問戦が本格化。
 
 一日2ラウンドや3日連続質問も。論戦と統一地方選の応援に追われる日々だが、選挙を通じて、訴えに共感が広がり、仲間が増えるのが活力の源となった。
 
 そして、軍拡財源法案とのたたかい。憲法違反の敵基地攻撃、医療・年金、復興の財源まで軍事費に転用――戦前にしようとするのか。安倍・菅政治もひどかったが、岸田政権は戦後最悪の内閣となった。1力月にわたる追及の中、「御党と立場は違うが、正しい主張だ」と他党議員からも声がかかる。
 
 夏。議場にかりゆし姿の議員も増えた。国会は後半戦に。「異次元の少子化」と唱えながら、高い学費も下げず、財源も示さず。悪法が次々に自公維国の4党連合で通されてゆく。まさに翼賛国会だ。
 
 しかし、こうした政治に国民は怒っている。月曜発表の各紙世論調査で、内閣支持率は軒並み下落。物価高騰への対応に「評価しない」76%(朝日)、マイナカード・保険証廃止は「延期」「撤回」合わせて72・1%(共同)など。
 
 今国会での私の質問は、本会議、委員会通じて36回。平和・暮らし守れ―」日本共産党の総力を挙げた論戦が、世論を動かしていると確信する。
 
 秋。果たして解散・総選挙はあるのか。しかし、あまりにひどい自公政権を退場させなければならないのは、はっきりしている。きょう6月21日、国会は150日の会期を終える。閉会と同時に、総選挙に向けての新たなたたかいがはじまった。(しんぶん赤旗 2023年6月21日)

赤旗「水曜随想」 たたかいは重大局面に/衆議院議員 田村貴昭

16niti 田村貴昭 衆院議員が国会情勢報告② 「屋根や瓦が崩れて、修理代が100万円を超えます・・・」「コロナが収まり、やっとこれからというときに店を開けられない」と、肩を落とす被災者たち。石川県珠洲(すず)市で震災支援を求める声を聞く。ところが政府は、災害対策などの補正予算に充てる決算剰余金を軍事費に転用するというのだ。
 
 東日本大震災復興のための特別所得税も召し上げて軍事費に。「被災者を見捨てるのか」と声が上がるのも当然だ。北九州市の小倉医療センターでは新外来棟の建て替えが中断したままで、台風が来るとあちこちで雨漏り。福岡病院では患者の風呂が壊れたまま。そんな状況にもかかわらず、国立病院機構の積立金をこれまた軍事費に転用する。新たな増税も行うという。あまりにひどいではないか。
 
 手当たり次第に金をかき集め、5年間で43兆円の大軍拡を進める自公政権。憲法違反の集団的自衛権と敵基地攻撃で、防衛大臣は「わが国が他国から武力攻撃を受け、大規模な被害が生じる可能性がある」とさらりと言ってのけた。憲法が禁じた「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ること」を生じさせる岸田政権は、まさに戦後最悪の内閣だ。
 
 物価高騰でくらしと営業に深刻な打撃。実質負金は12カ月連続のマイナスを記録した。「風呂もがまん。昼食はバナナー本だけ」。年金は減り、先行き不安の高齢者の気持ちかわからないのか。賃金は上げず、国民の消費税の引き下げの願いに背を向け、インボイスで増税を押しつける。これも軍拡財源にしようというのか。
 
 国会前では、「大軍拡・大増税反対」の市民行動が連日続いている。励まし、励まされ、軍拡財源法案とのたたかいは重大な局面にさしかかっている。5回の質問に立ったが審議は尽くされていない。
 
 審議継続! 採決反対! 憲法壊すな! ご一緒に声を上げましょう。(しんぶん赤旗 2023年5月17日)

赤旗「水曜随想」 軍事費倍増より卵を/衆議院議員 田村貴昭

田村貴昭 背景無し② 冷蔵庫を開けたら卵がない。そうか、昨夜コンビニで買おうとして、6個200円超えの価格に二の足を踏んだのだった。店員さんに聞けば、「品種を変えて対応。それでも入荷制限がかかっている」と。
 
 一方、養鶏農家は飼料の値上げと鳥インフルエンザの拡大で、厳しい経営を迫られている。輸入依存、不十分な飼料高騰対策、経営規模拡大の押しつけ…卵一個から農政の問題が見えてくる。この折に“卵特価”などと聞くと、採算はとれているのかと心底心配になる。
 
 「この一年で450円くらいのコンビニのお弁当が、500円を超す水準にまで値上がりしたなと実感している」。日銀の総裁候補、植田和男氏が国会で私の質問に答えた。昨年、今の総裁が「家計の値上げ許容度も高まってきている」と発言し、国民から大きな批判を受けたことから聞いてみた。直後に「そのコンビニ弁当も高くて食べられない」との声が寄せられた。庶民の悲鳴が聞こえたなら、円安を招き、物価高に拍車を掛けている金融緩和政策を見直すべきではないか。
 
 ものの値段で思い出したのは、自民党の麻生太郎氏が首相時代、カップラーメンは「400円くらい」と答弁したこと。食べているものも吸っている空気も庶民とは違うんだと思った。
 
 鈴木俊一財務大臣は昨年の会見で、食料品などの相次ぐ値上げに「実際、買い物はしていない」。だからか、消費税減税やインボイス中止の国民要求を一顧だにしないのは。財務大臣なら、やはり市場やスーパーに出かけないと。商品を見比べ、値札をじっと見つめる人々の気持ちをじかにつかまねば。軍事費倍増している場合ではないでしょ。
 
 次の質問でどう攻めていくか…。とりあえず卵を買ってこよう。値段を見て、卵を食べて、じっくり考えよう。(しんぶん赤旗 2023年3月1日)

2023新年の挨拶 「増税中止・減税の実現へ」 衆院議員 田村貴昭

田村貴昭 背景無し② 「山が動いた実感があります」。#STOPインボイスを掲げ、ともに活動する声優の団体からメールが届きました。昨年、超党派議員連盟が立ち上がり、野党共闘が前進。与党議員から増税に異論が相次ぎました。
 
 雪が降る日の宣伝は無理かと思っていたら、消費税減税署名に足を止めて応じる人が何人も。「物価が上がって大変」「年金が低すぎ」…岸田首相、この声が聞こえぬか。声を上げ世論を広げてこそ政治は変わる。今年は、大幅賃上げ、増税中止・減税実現の転機の年に。
 
 増税・大軍拡、原発推進にかじを切った岸田政権。勝手に決めるな。総選挙で信を問え。この暴走を打ち破る論戦にいっそう力を尽くします。九州沖縄を拠点に進められる、戦争する国づくり。8県力を合わせ、平和へのたたかいを加速させましょう。
 
 「田村さん、あの時の集いに来られた方が入党しましたよ」。年末、新年にうれしい連絡が。仲間を増やして、一連の選挙勝利へ。今年もがんばります。(しんぶん赤旗 2023年1月6日)