要請・請願・政府交渉

戦争法案廃案を要求 各議員に国際婦人年連絡会

20150711_618667

国内36の女性全国団体が加盟する国際婦人年連絡会は7月10日、戦争法案廃案を求める議員要請を行いました。 行動には、牧島悠美子事務局長や日本婦人団体連合会、新日本婦人の会など加盟団体の代表が参加し、衆院安保法制特別委員会の委員らに要望書を届け、対話しました。 要望書は、子どもたちが銃を持たない日本を誇り、「憲法『9条』をゆるぎないものとして次[記事を表示]

戦争法案会期末で廃案を 連続座り込み

20150618_1104197

「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が呼びかける連続国会座り込み行動は6月16日、報道を見て駆けつけた人ら1000人が午前10時 から午後5時まで「戦争法案絶対廃案」と国会議事堂に向かってコールしました。「潮目が変わった。すべての地域から総がかり行動と手をつないで安倍内閣を 倒すまでがんばりぬこう」などの訴えが続きました。 北は[記事を表示]

「地方創生」に批判 全労連部会などが道州制反対で集会

20150618_604028

全労連公務部会と道州制・地方分権改革を考える懇談会は6月11日、衆院第2議員会館で「道州制反対、『地方創生』と真の地域再生を考える院内集会」を開きました。 あいさつした永山利和・懇談会座長は、安倍政権・自民党の「地方創生」について、「国民生活に関わる仕事は地方に押しつける。国家機能は強化し、大企業に関わることは国がやるものだ」と語りました。 [記事を表示]

北九州市議団が市政懇談会

日本共産党北九州市議団(9人)は6月5日、今議会での本格的な論戦を前にして、市民から意見や要望を聞き、意見交換を行う市政懇談会を戸畑区内で開きました。市内の団体や労組、市民団体の代表、個人の73人が参加しました。 今議会は市長選を受け、2015年度予算案に対する論戦が展開されます。田村貴昭衆院議員と高瀬菜穂子、山口りつ子両県議の3氏が出席し、あいさつし[記事を表示]

水俣病被害者救済ぜひ 患者会など要請 市田副委員長ら応対

20150604_595892

水俣病不知火(しらぬい)患者会とノーモア・ミナマタ第2次国賠訴訟原告団の代表は6月3日、日本共産党の市田忠義副委員長(参院議員)を国会に訪ね、すべての水俣病被害者救済のための協力を要請しました。仁比聡平参院議員、島津幸広、田村貴昭両衆院議員が同席しました。 水俣病は公式発見から半世紀以上たった今なお、多くの被害者が救済を求める動きが広がり、未解決の[記事を表示]