活動日誌

種苗法改定 徹底審議を 種子守る会、食健連ら座り込み 国会前行動

127878860_2881084081994561_4064059360285097839_n (2)

 参院農林水産委員会で種苗法改定案の審議と参考人質疑が行われた11月26日、改定案の拙速な採決をやめ徹底審議を求める座り込み行動が参院議員会館前で行われました。呼びかけたのは、日本の種子(たね)を守る会、「国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会」(全国食健連)、農民運動全国連合会(農民連)です。  元農水相の山田正彦さんは「これまで自由だった登録品種の自[記事を表示]

臨時国会 共産党国会議員団 現場切実 コロナ対策迫る

 新型コロナウイルスの感染者が連日、最多を更新し、感染が急拡大しています。日本共産党国会議員団は臨時国会で、菅政権のコロナ対応の破綻ぶりを厳しく追及し、PCR検査の拡充・医療機関への減収補てん、中小企業支援の延長・拡充など、現場の切実な要求を掲げて、その実施を鋭く迫っています。 営業 暮らし支援迫る 三つの緊急対策を提起  コロナ禍のもと31万[記事を表示]

核禁条約参加する政府に 九州・沖縄比例2議席以上を 田村・まじま・まつざき氏訴え 長崎市、佐賀・鳥栖

長崎そろい踏み 21日 (14)

 日本共産党衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補の田村貴昭(衆院議員)、まじま省三(福岡9区重複)、まつざき真琴(鹿児島2区重複)の3氏は11月21日、長崎市と佐賀県鳥栖市で街頭演説をしました。  長崎市では、演説に先立ち被爆者の男性(79)が被爆体験を語りました。  田村氏は、核兵器禁止条約発効について「菅首相は禁止条約に署名するつもりはないと言[記事を表示]

核禁条約参加へ要請 広島・長崎市長「国会で議論を」 共産党と懇談

126454095_2720218651622992_6822910855741453500_o (2)

 広島・松井一実と長崎・田上富久の両市長は連名で核兵器禁止条約に関する国会における議論を推進するよう11月20日、各党要請を行いました。村上慎一郎・広島市国際平和推進部長と中川正仁・長崎市原爆被爆対策部長らが衆院第1議員会館を訪れ、日本共産党は笠井亮、田村貴昭両衆院議員に要請文を手渡し、懇談しました。  要請文は、核兵器禁止条約が来年1月22日に発効す[記事を表示]

種苗法改定 参院で必ず廃案に 種子を守る会が院内集会

種苗法 院内集会

 種苗法改定案が衆院本会議で可決された11月19日、日本の種子(たね)を守る会は、これまでのたたかいの到達を振り返り、参院で廃案に追い込む取り組みについて交流する集会を参院議員会館で行いました。  開会あいさつした加藤好一副会長(生活クラブ生協顧問)は、衆院の審議では、自家増殖の一律禁止の理由や許諾料の問題など野党の質問に農水省側がまともに答弁しなかっ[記事を表示]