活動日誌

被災者心配 私も募金 豪雨災害 共産党・民青の訴えに次々 東京・新宿

新宿宣伝=9日

 梅雨前線による甚大な豪雨被害が広がるなか、日本共産党国会議員団と東京都議団、日本民主青年同盟は7月9日、志位和夫委員長を先頭に東京都のJR新宿駅前で災害救援募金を呼びかけました。  志位氏は募金箱をもって、「新型コロナウイルス感染拡大による被害と豪雨被害の二重の打撃です。被災者と被災地をどうしても守ることが必要です」と訴え、これまでやったことのないよ[記事を表示]

九州豪雨 工場長「商品確認まだ」 田村・真島氏ら調査 福岡・久留米

IMG_8964

 九州各地で7月7日夜から8日朝にかけても激しい雨が降る中、日本共産党の田村貴昭衆院議員、真島省三前衆院議員(衆院九州・沖縄ブロック比例候補)は8日、住宅被害が集中した福岡県久留米市に入り、状況を調査しました。金子睦美、小林解子の両市議が同行しました。  こども食堂などに取り組む「フードバンクくるめ」代表の男性(66)は「ここまでなるとは思わなかった」[記事を表示]

家財散乱 どうすれば 被災者の心折れさせぬ支援 急務

自宅の1階部分が流された住民から話を聞く田村議員(左)=7日、大分県日田市天ケ瀬

 九州各地を襲った豪雨の被害の実態をつかもうと、日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月7日、停滞する梅雨前線による豪雨で筑後川が氾濫した大分県日田市天ケ瀬地区や北友田地区で被災者らを見舞い、要望などを聞き取りました。真島省三前衆院議員は、避難所や住宅に浸水被害が出た福岡県大牟田市の被災地を調査しました。 田村議員調査 「コロナに加え…」 大分・日田 [記事を表示]

新型コロナ 業者苦しい 田村衆院議員、商工会議所と懇談 大分・別府

倉原氏(左から2人目)らと懇談する田村衆院議員(右から2人目)=6日、大分県別府市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月6日、コロナ禍で老舗旅館が倒産するなど地域経済が深刻な打撃を受けた大分県別府市で、別府商工会議所の倉原浩志専務理事らと懇談し、温泉観光地を支える飲食業や竹細工、菓子製造業など苦境に立つ産業界の実態を聞き取りました。猿渡(えんど)久子県議と平野文活、美馬恭子の両市議が同席しました。 倉原氏は同所が実施した事業所アンケ[記事を表示]

雇用・医療・地域守ろう 田村議員と民主団体懇談 大分

大分別府 (2)

 日本共産党村貝昭衆院議員は7月6日、大分市で大分民主商工会、県労連、医療生協など民主団体の代表らと懇談し、コロナ禍の中で地域経済、雇用、医療をめぐる実態と要望を聞き取りました。  民商の代表は持続給付金申請の「売り上げが前年比50減」の条件がネックとなり、会員の7割が支援を受けたくても制度が使えない状況にあるとのべ「飲食店街で閉店・廃業に追い込まれる[記事を表示]