要請・請願・政府交渉

博多陥没 早い復旧と原因究明要望 九州運輸局に田村・真島議員

DSC01431

 日本共産党の田村貴昭、真島省三両衆院議員は11月11日、福岡市博多区のJR博多駅前で8日早朝に発生した地下鉄工事に伴う大規模な陥没事故を受け、事業者の同市交通局に原因究明と再発防止を徹底するよう警告書を出した国土交通省九州運輸局から聞き取りを行いました。星野美恵子、倉元達朗両市議が同席しました。  地下鉄工事における福岡市の陥没は過去にも2000年、[記事を表示]

党福岡市議団が政府交渉 田村・真島・仁比議員が同席

IMG_0293

 日本共産党福岡市議団(星野美恵子団長)は11月7、8の両日、東京都内で省庁に要望書を提出し、交渉しました。田村貴昭、真島省三両衆院議員、仁比聡平参院議員が同席しました。  厚生労働省に対し、生活保護世帯の子どもの中学・高校の入学費用や部活費に見合った教育扶助基準の増額、大学進学にかかる学費・生活費を保護の対象にすること、後期高齢者医療制度の保険料特例[記事を表示]

石木ダム・諫早・被爆者支援…  党長崎県委が省庁交渉 地方議員と赤嶺・田村・真島氏ら

防衛省と交渉する田村、真島両衆院議員と長崎県党の地方議員=19日、国会内

 日本共産党長崎県委員会は19、20の両日、石木ダム建設問題や諫早湾干拓排水門の早期開門、被爆体験者支援事業の拡充など44項目の県民の切実な要求をかかげて11省庁と政府交渉を行いました。堀江ひとみ県議をはじめ地方議員が参加し、赤嶺政賢、田村貴昭、真島省三の各衆院議員が同席しました。  防衛省には、海上自衛隊のLCAC(エアクッション型揚陸艇)が[記事を表示]

熊本地震 実態に即した支援を 「いのちネット」が政府交渉

省庁の担当者(左)に要望する「命とくらしを守る熊本ネットワーク」のメンバーと国会議員=5日、国会内

 熊本地震の発生から今月半ばで半年となるのを前に10月5日、熊本県内の労働組合や市民団体、日本共産党でつくる「いのちとくらしを守る熊本ネットワーク」が、国会内で復興支援策の拡充を求める政府交渉を行いました。生活再建のめどが立たない被災者が多い中、参加者は「現地の実態を踏まえた支援策を」と訴えました。  熊本地震に関する「いのちネット」としての国[記事を表示]

「ばいじん公害」対策とれ 党大分市議団が環境・経産省に要請

経産省と環境省に要請する大分県党政府交渉団=24日、参院議員会館

 日本共産党大分県委員会が8月24日に行った政府交渉(団長・堤栄三県議)で、党大分市議団は新日鉄住金大分工場から排出される「ばいじん公害」の背後地住民の被害について、環境、経済産業の両省に対し、被害の実態調査とばいじんを出さない対策をとるよう新日鉄に指導することなどを要請しました。  福間健治、斉藤由美子両大分市議と西村初美、岩崎貴博の両市議予定候補が[記事を表示]