国政報告・学習会・集会

訴えで女性入党決意 田村氏迎えつどい 長崎・大村

大村集い

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月23日、長崎県大村市で開かれた党市委員会主催のつどいに参加しました。  田村氏は、国民の62・2%が政府の西日本豪雨災害対応を「評価しない」と答えているとの新聞報道を紹介しました。「政府の災害発生時の対応の遅れに、国民から厳しい批判が出ている。家を失った人への支援金をせめて500万円に、1円も保障されない半壊や一部損[記事を表示]

自民の宴会に怒り 党支部・後援会が田村衆院議員迎え集い

中津の集い=16日

 来年の参院選、統一地方選挙での日本共産党の躍進を訴え、田村貴昭衆院議員は7月16日、大分県中津市の党支部、後援会が開いた4カ所の集いに参加しました。  田村氏は豪雨災害での政府対応を批判。「みなさん、これどう思いますか」と、安倍首相も加わる宴会「赤坂自民亭」の写真を掲げると、会場から「本当に腹が立つ」「許せない」「カジノ法など、やってる場合か」など怒[記事を表示]

被災者冷遇許さず 大分・日田で田村衆院議員 

日田市演説会=7月15日

 大分県の日本共産党西部地区委員会は7月15日、田村貴昭衆院議員を日田市に迎え演説会を開きました。田村氏は来年の参院選、統一地方選挙での日本共産党の躍進を訴え。大谷敏彰、日隈知重両市議が決意表明しました。  田村氏は、西日本豪雨災害などでの党国会議員団の現地調査活動を報告。被災地の深刻な実態を紹介したうえで、「国の支援金は、全壊世帯でも最大300万円。[記事を表示]

参院選へ共産党大きく 鹿児島3カ所で田村議員迎え集い

鹿児島つどい=30日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月30日、鹿児島市の明和・武岡、荒田・八幡の両地域、鹿児島県出水(いずみ)市の3カ所で開かれた集いで国政報告しました。  田村氏は来年の参院選で、野党共闘を前進させ、安倍政権を終わらせるために、「日本共産党を強く大きくすることがどうしても必要。私たちと一緒にたたかってほしい」と入党を訴えました。3カ所で47人が参加。2[記事を表示]

新婦人内後援会が集い 田村衆院議員が激動の情勢を語る 福岡

新婦人県本部内後援会=17日

 新日本婦人の会福岡県本部内日本共産党後援会は6月17日、田村貴昭衆院議員を招き、福岡市でつどいを開きました。  田村氏は、米朝首脳会談の歴史的な意義をのべ、北東アジアが平和になれば米軍基地は存在理由を失うと指摘。「軍事予算も暮らしも変わる。その先頭に立って多くの有権者に働きかけよう」と訴えました。国会などでの野党共闘の発展にふれ「国民と野党との共闘が[記事を表示]