選挙(国政・地方)

「共謀罪」ノーの審判を 田村衆院議員が、3市議予定候補を応援 福岡・中間市

拍手に応える(左から)柴田候補、田村氏と青木孝子市議=3日、福岡県中間市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月3日、11日に市議選の告示を控えた福岡県中間市で、田口すみお、たなか多輝子、柴田よしのぶ各予定候補とそれぞれ街頭演説をしました。  田村氏は、党市議団が「共謀罪」法案撤回の意見書を提案、保守系の議員とも協力して可決したことを紹介。「『共謀罪』ノーの審判を市議選でくだそう。日本共産党の3議席が野党共闘を加速させ、安倍政[記事を表示]

モノ言える市議必要 福岡・豊前市議補選 田村衆院議員が演説

豊前市 村上候補応援

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は4月9日、同日告示(16日投票)の福岡県豊前市議補選(定数1、立候補2人)の応援に駆げ付け、村上かつじ候補(65)とともに街頭演説しました。  田村議員は「平和を脅かし、くらしを被壊する安倍政治のもと、年金は際限なく引き下げるなどの暴走を進める本当にひどい政治だ」と指摘。「豊前市政にはしっかりとモノを言う市議がどうしても[記事を表示]

暴走と迷走の安倍政権打倒を 福岡衆院選区予定候補が勢ぞろい、小池書記局長が博多駅前で訴え

小池演説写真

 総選挙勝利へ政治の風をいまこそ吹かそう―。日本共産党は4月8日、全国各地で党幹部、衆院比例・小選挙区予定候補を先頭に、街頭演説などにうってでました。  福岡県では、小池晃書記局長を迎えた街頭演説を福岡市・博多駅前で行いました。次期衆院選をたたかう比例・小選挙区予定候補が勢ぞろいし、小池氏は「暴走し迷走する安倍政権を打倒し新しい政治を」と力説。演説開始[記事を表示]

大分・佐伯市議選 「暮らし守る宝の議席を必ず」 田村衆院議員が応援

高司佐伯候補を応援

 大分県佐伯市議選(定数25、1減)が告示(9日投票)された4月2日、日本共産党の田村貴昭衆院議員は5期目をめざす、たかじ政文候補の出発式に駆けつけ、「暮らし、福祉を守る日本共産党の宝の議席を必ず」と訴えました。  田村氏は「医療、介護が大改悪される中、社会保障充実に光を当て、住民の暮らしを守るのが日本共産党の議席です」と力を込めました。安倍昭恵首相夫[記事を表示]

26日投票の長崎・諫早市議選 教育・福祉充実2議席必ず 田村衆院議員が訴え

諫早市議選応援 田村議員

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は3月22日、長崎県諫早市議選挙(26日投票)の応援に入り、中野太陽(39)、西田京子(68)両候補=いずれも現=とともに街頭から訴えました。  田村議員は、森友学園問題では日本共産党と野党が局面を切り開いてきたと指摘。「『共謀罪』は物言えぬ監視社会をつくろうとしている。この法案を必ず廃案にするためにも日本共産党に力をつけ[記事を表示]