エッセイ

日本共産党新衆院議員 熱い期待胸に

温かい福祉実現へ 田村貴昭さん(53)

 10年間、九州・沖縄をくまなくまわり活動してきました。県民・市民がくらしや福祉、農業、原発、基地問題などにどういう思いや不満をもっているのか、声を聞いてきました。国民の思いを知ることが10年間の得難い財産であり糧でありました。その国民の思いを、今度は国会の質問でストレートにぶつけて、寄せられた期待に応えていきます。

 米軍新基地建設、川内原発再稼働の押し付けや佐賀県へのオスプレイ配備など、九州・沖縄に如実に表れた安倍政権の圧政は、どれも国民が望んでいないことです。その安倍政権の矛盾と道理のなさを徹底して追及し、国民と共同して暴走政治に立ち向かっていきたい。議席数では自公両党の政権与党には及びません。しかし、日本共産党の背中には国民の大きな民意と応援団がいます。ここを最大の強みにして論戦に挑みたいと思います。

 北九州市議のときから、あたたかい福祉を実現することを活動の原点にしてきました。消費税増税と同時に押し付けられている社会保障の連続改悪は許せません。とりわけ、年金制度の問題に取り組みたい。減らない年金、頼れる年金、安心できる社会保障を一日も早く実現するため、全力をつくします。

【プロフィール】 1961年生まれ。北九州大学卒業。97年から北九州市議(2期8年)。党国会議員団九州沖縄ブロック事務所長。


アベノミクスと対決 真島省三さん(51)

 県議や国政候補をつとめ、貧困と格差の拡大を肌で感じてきました。リーマン・ショックで仕事と家を失い路上に放り出された労働者の方々や社会保障、生活保護から排除されて苦しむ方々を目の当たりにし、こんな状態をつくりだした国の政治を変えなければという思いを強くしました。

 ところが安倍政権はますます格差を広げるほうに突っ走っています。富裕層や大企業をもうけさせればいずれ滴り落ちてくるという「アベノミクス」と国会で対決したい。

 この間安倍政権の暴走と対決する「一点共闘」で労働組合、経営者団体、弁護士会や農協に飛び込んで対話、「自民党に対抗するもう一つの極、それは共産党では」との言葉を頂きました。選挙戦でも見ず知らずの女性が「消費税を上げず企業や富裕層に増税した方がいいという共産党に賛成」とメモを預けていくなどかつてない反応が返ってきました。党への期待は比例九州・沖縄ブロックでの2議席獲得や、沖縄1区の赤嶺政賢さんの勝利で示されました。

 沖縄の島ぐるみのたたかいと、九州・沖縄で2議席の国民の支持が重なって勝ち取った3議席目。その重みを受け止めて国会論戦に力を尽くし、共同をさらに広げて政治を動かしていきたい。

【プロフィール】  九州工業大学工学部中退。党八幡・戸畑・遠賀地区委員長を経て県議1期。現在、党県書記長。
(しんぶん赤旗 2014年12月21日)

安倍政治へ審判の好機 共産党比例候補駆ける 九州沖縄ブロック 田村貴昭候補

 田村貴昭衆院九州・沖縄ブロック比例候補は11月29日、福岡県の福津市、筑紫野市、上毛(こうげ)町を駆け巡り支持を訴えました。

 10月と11月に「防災」の名で自衛隊の訓練が行われた福津市。田村候補は街頭で、長崎県の自衛隊相浦駐屯地での「水陸機動団」創設や、熊本県大矢野原演習場でのオスプレイ参加の日米共同軍事訓練など、九州で進められる安倍政権の「戦争する国づくり」を告発。憲法9条の精神に立った外交戦略を提案し、「共産党の躍進でこそ暴走に歯止めをかけることができます」と訴えました。

 市内の男性(64)は「共産党が言うように紛争は対話で解決することが大切だ」と話しました。

 筑紫野市での演説会では、田村候補が「共産党の議席増で、平和を脅かす安倍政権を倒しましょう」と訴えると会場からは大きな拍手。参加した79歳の女性は、「私にとって戦争が終わったことが一番。侵略戦争に反対を貫いた共産党は心強い」と期待を込めました。(しんぶん赤旗 2014年11月30日)

比例候補“駆ける” 議席増へ政策軽快に 九州・沖縄ブロック 田村 貴昭さん(53)

 「みなさんの家庭、職場にアベノミクスの恩恵はやってきましたか」「アベノミクスがもたらしたのは景気の悪化と格差と貧困の拡大だけですよね」

 九州・沖縄ブロックで何としても議席増をと奔走。安倍政権の暴走と日本共産党の政策を軽快に語ります。若者なども意識して「消費税10%ダメよ、ダメダメ」のボードもつくり、工夫した語り口は街ゆく人々の注目を集めています。

 パソコンを駆使して作成したグラフや写真を織り交ぜた資料で時事問題を解説する「電気紙芝居」は各地での学習会や演説会で「胸にすとんとおちる」と大好評です。

 沖縄の米軍新基地建設、川(せん)内(だい)原発再稼働、佐賀空港へのオスプレイ配備など悪政が押し付けられ、政治の転換が切実に求められる九州・沖縄。「悪政推進勢力が議席の大半を占める中、国民本位の対案を持ち、国民の願いを実現できるのは共産党だけです」

 演説会に参加した緑左都美さん(41)=会社員=は「消費税増税中止や原発廃炉、米軍基地撤去をしっかり主張する共産党が勝って、国民の声を支える国政に変えてほしい」と期待します。

 1961年生まれ。北九州大学卒業。97年、北九州市議に初当選(2期)。党国会議員団九州沖縄ブロック事務所長。(しんぶん赤旗 2014年11月28日)

水曜随想 原発マネーもうやめよう


九電申し入れの後、抗議の座り込みを続けている「九電前ひろば」にて=11月5日

 「原発をゼロにしたら働き口がなくなるのでは」― 集会でよく出される質問なのだが、実は逆。たとえばドイツのオプリヒハイム原発は稼働時249人だった雇用が廃炉作業に移ると350人へと増えた。廃炉を決めた他の原発でもみんな雇用増だ。

 施設の解体、廃棄物の処分、撤去までの維持など廃炉までには多くの仕事を要する。これに加えて、自然エネルギーヘの転換などでさらに雇用は広がる。そう話すと、質問した方の顔がほころぶ。

 日本の原発固執勢力はしぶとい。「原発は必要」「使用済み核燃料の再処理は可能」― 5日に九州電力と交渉したら、福島事故直後は神妙だった態度が明らかに変わっていた。

 佐賀県への早稲田進出に20億円をポンと寄付し、大学関係者との懇親・宴会に電気料金をあてがうなど、立地自治体への〝懐柔工作〟がマスコミをあげて批判されている。九電の甘い金銭感覚を批判し、電気料金の値上げの中止を求めたのは言うまでもない。

 原発のある鹿児島県薩摩川内市をみて回った。商店街はお世辞にもにぎわっているとは言えず、閉鎖されたホテル・旅館が長くそのままの状態。耕作放棄地は県内で最も増えた。立地交付金は下りても箱物に化け、市民福祉の向上には使われない。

 街の自立的発展を妨げる原発マネー。もうやめよう。自然との共生とそれを生かした新エネルギーの創出こそが九州の、日本の進むべき道と信じる。(しんぶん赤旗 2012年11月7日)

************************************
“新・九沖(きゅうおき)”豆知識⑨
住宅用太陽光発電の普及率1位は?
➀佐賀県 ②宮崎県 ③沖縄県

答え①
くわしくはコチラ

水曜随想 うそっぱち内閣に大手

 人の嫌がることをしてはいけません― 誰もがそう言われて育ったのに、この国では総理大臣が率先して教えに反する。学校や社会でいじめがなくならないはずだ。

 オスプレイが沖縄に配備された。魂からの怒りの声をあげる沖縄県民。「黙っているのは認めてしまうこと」と、普天間基地前で幼子を抱いたお母さんが淡々と語った。そうだ、絶対にあきらめてはならない。


沖縄県民大会会場でTVの取材を受ける田村貴昭さん=9月9日、宜野湾市

 9月9日の沖縄県民大会。10万人が集う会場をまわったが、〝沖縄独立論″はもう聞かれなくなった。大会決議では米軍普天間基地の「閉鎖・撤去」が採択され、基地移設から「安保を見直せ」へ世論が動いていることを肌身で感じた。沖縄と本土の懸け橋にならねば。

 オスプレイが低空飛行する「イエロールート」「パープルルート」の直下にある市町村を訪ねてまわる。熊本のある市長はきっばり言い切った。「無気力な政権の中で安保に押し切られている」。領土問題でナショナリズムをあおる「二大政党」とマスコミ。日米同盟の強化に結びつけたいところだが、国民をなめてはいけない。生命・財産を脅かして何が安全保障か。

 野田第3次改造内閣を「解散したくない閣」とはうまくいったもんだ。離党に歯止めをかけることばかりに腐心した人事、もはや国民の意識も感情も見えないだろう。「生活者が主役」といって増税。「労働条件を改善する」といって日雇い派遣もなくさない。「原発をゼロにする」といって新原発を建設。そして、「最低でも県外」といって沖縄に最悪の状況を押しつける。

 薄っペら政治、うそっばち政権はいよいよ行き詰まった。言い換えれば、国民に完全に追い詰められた。解散・総選挙へ王手だ。

“新・九沖(きゅうおき)”豆知識⑨
〔続〕JR九州の駅名。なんと読むでしょう?
➀御井(福岡)②玉来(大分)③折生迫(宮崎) 

答え
① みい ②たまらい ③おりゅうざこ
詳しくは私のブログをご覧下さい。
http://tamura.air-nifty.com/1961/