エッセイ

随想 手の腫れと沖縄の痛み 田村貴昭衆院議員

先週、沖縄に向かう機内で『大きなソテツはみていた』(入江幸子・いのうえしんぢ著)を読んだ。ソテツの木が沖縄戦を語る絵本であるが、こんなくだりがある。昔から床の間に置く家の宝物は、中国では硯(すずり)、日本では刀、沖縄では三線(さんしん)であると。

20150528_1086250

戦を好まず、楽しく穏やかに暮らしてきた沖縄の人々にとって、70年前の惨劇は、決して消し去ることはできない。土地を強制的に取り上げられ米軍が居座り、さらに辺野古へ巨大な基地を押しつける。政府よ、この苦しみがわからないのか。県民集会に参加し3万5000人の参加者とともに声をあげた。

帰りの便で、ふと手の痛みを感じた。見てみたら手の甲が腫れ上がっている。虫に刺されたのか、痛みもある。よし、これは沖縄県民の怒りだとして、記憶にとどめ置こう。

自宅の近くの駅のバリアフリー化がすすんだ。「一つ前が病院には近いけど、お年寄りはこの駅で降りるよ。エレベーターがついたけね」。なるほど、このところ膝を痛めている私にはよくわかる。

戦争法案の審議がはじまった。自衛隊が武力攻撃を受ける可能性があるのに、「リスクは下がる」とうそぶく安倍首相。かつて腹痛にさいなまれた首相は、そのとき人の痛みにわが身を重ねて考えることはなかったのか。アメリカでは年間8000人もの帰還兵が自殺する。人を殺して自分も傷つく。それが戦争だ。

想像力の欠如は他人を不幸にし、ひいては自分にはねかえってくる。そんなことを考えていたら、手の腫れと痛みは治まった。しかし、消えない傷、癒えることのない痛みほど、悲しいものはない。それがわからぬ政治家には退場してもらおう。(しんぶん赤旗 2015年5月28日)

赤旗「土曜ワイド」 田村貴昭衆議院議員が語るお母さん

20150511_581077 今年80歳になる母は、韓国の慶尚南道で生まれました。祖父が傷痍軍人となって家族ともどもひきあげ、九州、大阪と移り住みました。

小学生の時は学童疎開を経験し、その時に家が空襲で焼けたことなどを、時折聞かせてくれました。幼心に戦争の怖さを感じました。

小さい頃の私は、体がとても弱く、思い出といえば氷枕と薬と、そして額に手をあてる母の姿…。「すぐによくなるからね」。母はいつもやさしく看病してくれました。

小学校の頃、母は家計を助けるために働きに出ました。食品工場でのきつい仕事。年々丈夫になる私とは逆に、体調を時々崩し、入院までしました。見よう見まねで炊事や洗濯をしましたが、出来が悪くても母は決まって褒めてくれました。(写真は、6歳のとき、家族旅行で山梨県富士五湖を訪れた母と田村さん)

進路選択も学生運動も自由にさせてくれた母ですが、「北九州で党の専従になる」と告げた時だけは反対されました。「ちゃんと就職してほしい…」。下宿に送られてきた手紙の文字はにじんでいて、それが母の涙だったのか、自分のものだったのかは、忘れてしまいました。

「貴昭を九州に行かせてよかった。たくさんの人の役に立って」。そう言ってもらえるのに時間はかかりませんでした。

いまは、「しんぶん赤旗」を読んで応援してくれています。

子の考えを尊重して、のびのび育ててくれたお母さん、ありがとう。いい季節になりました。また食事につきあってください。(しんぶん赤旗 2015年5月9日)

水曜随想 気持は「金帰火来」 田村貴昭衆院議員

 「金帰火来」。国会議員が金曜の夜に選挙区に帰り、週末に地元での政治活動をして火曜に東京に戻ることの意味だが、現実はそうはいかない。私の所属する総務委員会は今週、異例の月曜開催となった。予算案を早く通したい政権与党は、審議を急げと、窮屈な日程を持ち出してくる。

 委員会で討論に立っているときに、本会議招集のベルが鳴る、予算委員会の答弁に大臣が呼ばれると、常任委員会の審議は休憩となる。なんてところだ国会は。と思いながら、今週は3回の質問にたつ。暴走安倍政権とのたたかいは、見えない日程の中で、時間との格闘でもある。

 「社会保障を守れ」「労働法制の改悪許さない」「ストッフ!消費税増税」「原発ゼロヘ」等々、連日国会には切実な国民要求が寄せられる。デモ隊を励ます共産党議員団に「おっ、景色が変わった」「増えたなぁ。頼むぞ」と声がかかる。躍進を実感する瞬間だ。要求実現にがんばらねば。

 寒さに凍えた初登院の日からもうすぐ3カ月。首相官邸や議員会館まわりの植え込みの木々にも、新芽が出てきた。いっせい地方選では、大輪の花を咲かせたいものだ。あっちもこっちも応援に行きたいのだが、それがままならぬ歯がゆさ…。そんなとき、福岡の地方議員からメールが入った。「田村質問を聞いて、地方交付金活用による住宅リフォームを市に要望したら、商品券方式で実施することになりました」。地方と切り結んで、政治を動かすのは私の本望。とてもうれしい。

 国会での日々の活動を選挙にも生かすぞ。気持ちはいつも「金帰火来」である。(しんぶん赤旗 2015年月11日)

赤旗紙上「新年あいさつ」 10年の〝準備体操〟生かす 田村貴昭衆院議員

20150107_948382 読者のみなさんのご支援、ご奮闘によって、国会へ送っていただきました。各県どこでも日本共産党の躍進にわいています。「田村さんよかったね」「10年の〝準備体操〟を国会質問に生かせ」。この期待にしっかり応えます。

九州・沖縄は、安倍暴走政治の縮図です。辺野古新基地、川内原発再稼働、佐賀空港へのオスプレイ配備と日本版海兵隊づくり、福岡での〝解雇自由〟特区…。しかし、悪政の押しつけと住民との矛盾は拡大する一方で、追い詰められているのは自公政権です。共同を広げ反転攻勢へ、その先頭に立ちます。

国会では地方政治を審議する総務常任委員会に所属しました。地域の課題や切実な住民要求をどしどしお寄せください。所属委員会にとらわれず、何でも知って、何でも取り上げる決意です。衆参両院で議案提案権を獲得した国会議員団の総力をあげて、平和と暮らしを守る政治へ全力を尽くします。

ところで、みなさんは初詣で何か願いごとをされたでしょうか。私は迷うことなく「いっせい地方選挙での躍進を」でした。桜の開花も、地域の共産党議員も待たれるところ。私も応援のマイクを握ります。国政、地方政治ともに政治の春を。ワクワクします。(しんぶん赤旗 2015年1月6日)

 

日本共産党新衆院議員 熱い期待胸に

温かい福祉実現へ 田村貴昭さん(53)

 10年間、九州・沖縄をくまなくまわり活動してきました。県民・市民がくらしや福祉、農業、原発、基地問題などにどういう思いや不満をもっているのか、声を聞いてきました。国民の思いを知ることが10年間の得難い財産であり糧でありました。その国民の思いを、今度は国会の質問でストレートにぶつけて、寄せられた期待に応えていきます。

 米軍新基地建設、川内原発再稼働の押し付けや佐賀県へのオスプレイ配備など、九州・沖縄に如実に表れた安倍政権の圧政は、どれも国民が望んでいないことです。その安倍政権の矛盾と道理のなさを徹底して追及し、国民と共同して暴走政治に立ち向かっていきたい。議席数では自公両党の政権与党には及びません。しかし、日本共産党の背中には国民の大きな民意と応援団がいます。ここを最大の強みにして論戦に挑みたいと思います。

 北九州市議のときから、あたたかい福祉を実現することを活動の原点にしてきました。消費税増税と同時に押し付けられている社会保障の連続改悪は許せません。とりわけ、年金制度の問題に取り組みたい。減らない年金、頼れる年金、安心できる社会保障を一日も早く実現するため、全力をつくします。

【プロフィール】 1961年生まれ。北九州大学卒業。97年から北九州市議(2期8年)。党国会議員団九州沖縄ブロック事務所長。


アベノミクスと対決 真島省三さん(51)

 県議や国政候補をつとめ、貧困と格差の拡大を肌で感じてきました。リーマン・ショックで仕事と家を失い路上に放り出された労働者の方々や社会保障、生活保護から排除されて苦しむ方々を目の当たりにし、こんな状態をつくりだした国の政治を変えなければという思いを強くしました。

 ところが安倍政権はますます格差を広げるほうに突っ走っています。富裕層や大企業をもうけさせればいずれ滴り落ちてくるという「アベノミクス」と国会で対決したい。

 この間安倍政権の暴走と対決する「一点共闘」で労働組合、経営者団体、弁護士会や農協に飛び込んで対話、「自民党に対抗するもう一つの極、それは共産党では」との言葉を頂きました。選挙戦でも見ず知らずの女性が「消費税を上げず企業や富裕層に増税した方がいいという共産党に賛成」とメモを預けていくなどかつてない反応が返ってきました。党への期待は比例九州・沖縄ブロックでの2議席獲得や、沖縄1区の赤嶺政賢さんの勝利で示されました。

 沖縄の島ぐるみのたたかいと、九州・沖縄で2議席の国民の支持が重なって勝ち取った3議席目。その重みを受け止めて国会論戦に力を尽くし、共同をさらに広げて政治を動かしていきたい。

【プロフィール】  九州工業大学工学部中退。党八幡・戸畑・遠賀地区委員長を経て県議1期。現在、党県書記長。
(しんぶん赤旗 2014年12月21日)