活動日誌

「豊かな海」を返して 諫早訴訟団が農水相と懇談

江藤氏(左前列左端)に訴える馬奈木氏(右列立っている人)=2日、佐賀市

 諫早湾干拓事業をめぐり江藤拓農林水産大臣は10月2日、就任後初めて佐賀、長崎両県を訪れ、佐賀市内で「よみがえれ!有明訴訟」の弁護団・原告団と懇談しました。  馬奈木昭雄弁護団長は江藤農水相に、漁民だけでなく営農者などさまざまな立場の人と懇談できる場を開くことを求め「直接意見を大臣には聞いていただきたい」と語りました。  太良(たら)町の漁師は「[記事を表示]

老若男女 消費増税NO 市民団体が「怒りの県民集会」 福岡

20191001_194232-2016x980

 消費税廃止福岡県各界連絡会は1日、「消費税大増税10・1怒りの県民集会」を福岡市で開き、400人を超える参加者が集会とパレードで消費税引き上げ強行に怒りの声をあげました。  岩下幸夫代表世話人は、景気が低迷するなか増税を強行した安倍政権を強く批判。「選挙で変えていこう」と訴えました。参加者は「そうだ」などのかけ声とともに、大きな拍手で呼びかけに応えま[記事を表示]

野党連合敢権の実現へ 田村氏迎え総会・集い 大分

大分市後援会=28日 (3)

 「安倍政権を終わりにし野党連合政権実現へ。日本共産党を支える後援会を強く大きくしよう」と大分市の党後援会は9月28日、田村貴昭衆院議員を迎えて総会を開き、80人が参加しました。  田村氏は、関西電力をめぐる原発マネー還流疑惑、国連気候行動サミットでの若者の発言などにふれ、政治の役割、責任を問いました。消費税増税について「混乱は必至です。この不景気に上[記事を表示]

願い2候補に託して 苅田町議選あす投票 仁比・田村氏応援 福岡

苅田町議選応援=28日

 日本共産党が現有2議席確保をめざす9月29日投票の福岡県苅田町議選で、9月26日には仁比聡平前参院議員、27日には田村貴昭衆院議員が応援に駆けつけました。同町議選では、かじわら弘子、高橋たつゆき両候補=ともに現=が全力をあげています。  田村氏は、安倍政権が日米貿易交渉で農産品関税を大幅に引き下げるなど一方的に譲歩、アメリカいいなりの政治を続けている[記事を表示]

所得税法56条廃止を 全婦協 国会議員懇談で訴え

国会懇談会で思いを訴える業者婦人たち=26日、参議院議員会館

全国商工団体連合会婦人部協議会は9月26日、国会内で国会議員と懇談し、消費税10%の中止、家族従業員の給与を必要経費と認めない所得税法56条の廃止などを訴えました。  静岡県から参加したお茶農家は、消費税増税を機に農家を廃業する動きが地域で加速していると発言。鳥取県の建築業者は、家の新築が激減しており「消費税10%は廃業の危機だ。臨時国会で10%の廃止[記事を表示]