活動日誌

命を守る国保こそ 山下知事候補が第一声 大分

DSC_0592(1)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は3月21日、大分県知事選をたたかう山下かい候補の応援に駆けつけ、つつみ栄三県議とともに大分市内2ヵ所で訴えました。  田村氏は道路だけで6900億円かかる豊予海峡ルート構想を厳しく批判。「大開発優先、大企業本位の広瀬県政は行きづまっている。山下候補で政治の流れを変え、足元の暮らし、福祉に光を当て予算を使うときです」と力を[記事を表示]

許すな 消費税増税 全商連、署名提出 「選挙で審判」

2019032004552

 全国商工団体連合会(全商連)は3月20日、安倍政権が強行を狙う今年10月からの消費税10%への増税の中止を求める請願署名などの提出行動を衆院第1議員会館で行いました。増税中止のほか、マイナンバーの実施中止、安倍9条改憲阻止の「3000万人署名」など33万3千人分の署名を提出しました。  太田義郎会長はあいさつで、「まもなく統一地方選、夏には参院選が行[記事を表示]

暮らし守る議員多数に 福岡憲法集会に3000人

10784640768_IMG_3959

 統一地方選と参院選で命と暮らしを守る議員を増やし憲法が生きる未来を切り開こうと、福岡県総がかり実行委員会は3月17日、福岡市で約3000人の参加で集会を開きました。青柳行信代表が「安倍政権の理不尽を許さないうねりを広げよう」と訴えました。  勝山吉章・福岡大学教授が保守とも手をつなぎ憲法を守る大同団結のたたかいを呼びかけ。安保破棄京築実行委員会の徳永[記事を表示]

“活断層に道路”批判 いとう県議予定候補 北九州

木屋瀬つどい

 福岡県議選の北九州市八幡西区(定数4)で、いとう淳一予定候補勝利をめざす日本共産党地区委員会は3月16日、田村貴昭衆院議員を招いていとう氏の地元、木屋瀬でつどいを開きました。地域の芝居小屋に住民や支援者が詰めかけました。  田村氏は、野党共同での統計不正の追及や消費税増税の問題点を報告。安倍政権・自民党いいなりの県政を変えるため、知事選と県議選での支[記事を表示]

九州沖縄いっせい宣伝 防災整備訴え 田村・たかせ氏 福岡

いっせい宣伝=11日、小倉南区

 九州・沖縄8県の日本共産党のいっせい宣伝行動が3月11日、取り組まれ、田村貴昭衆院議員が北九州市小倉南区で現職のたかせ菜穂子県議予定候補とともに朝宣伝をしました。  東日本大震災から8年にあたる節目の日。田村氏は被災者の生活、生業(なりわい)再建が進んでいないとして被災者生活再建支援法の抜本拡充をと語りました。脱原発の世論、市民の集会を紹介して原発再[記事を表示]