活動日誌

北朝鮮核実験に抗議 田村議員、党福岡県委が宣伝

北朝鮮ミサイルに抗議=4日、JR小倉駅前

 北朝鮮の核実験の強行に抗議し、日本共産党の田村貴昭衆院議員は9月4日、北九州市のJR小倉駅前で街頭演説をしました。5日には、日本共産党福岡県委員会が福岡市のJR博多駅前で宣伝しました。  田村氏は、「日本共産党は、米朝の直接対話を強く要求しています。朝鮮半島の軍事衝突を回避するために、名国は平和的外交的努力を」と訴えました。大石正信、出口しげのぶの両[記事を表示]

長崎・党創立記念祝賀会 安倍政権終わらせる思い同じ 自由党代表あいさつ

長崎県党95周年記念祝賀会

 日本共産党長崎県委員会は9月3日、党創立95周年記念祝賀会を長崎市で開きました。  山下満昭県委員長が主催者あいさつ。来賓の自由党長崎県総支部連合会の末次精一代表は、「安倍政権を終わらせるという同じ思いを持ってがんばっていきたい」とあいさつしました。  日本共産党の田村貴昭衆院議員は、核兵器禁止条約に参加しなかった日本政府の対応を厳しく批判。「[記事を表示]

原発頼りでは食べていけぬ 真島・藤野氏らに住民 佐賀・玄海

 九州電力玄海原発の視察で佐賀県玄海町入りした日本共産党国会議員団は8月30日夕、玄海原発対策住民会議の会員らと、原発に頼らない町の活性化策などについて意見交換しました。  真島省三、藤野保史両衆院議員、松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補、武藤明美、井上祐輔両県議が住民会議の仲秋喜道さん(87)や新雅子さん(83)らと懇談しました。  新鮮な魚料理[記事を表示]

玄海原発事故対策に疑問 共産党国会議員団が視察 九電、データ示さず説明 佐賀

DSC01940

 日本共産党国会議員団は8月30日、来年1月にも九州電力が再稼働強行を狙う玄海原発(佐賀県玄海町)を視察に訪れ、事故対策などについて調査しました。真島省三、藤野保史、田村貴昭各衆院議員、仁比聡平参院議員、松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補のほか、佐賀、長崎、福岡3県にまたがる原発立地・周辺自治体の地方議員ら合わせて20人が参加するかつてない規模の調査になりまし[記事を表示]

九州北部豪雨災害 生活・生業の支援拡充を 福岡の共産党が省庁要請

関係省庁に九州北部豪雨災害の支援の申し入れ書を渡す日本共産党福岡県委員会と福岡県議団の代表ら=28日、衆院第2議員会館

 日本共産党福岡県委員会と福岡県議団は28日、九州北部豪雨災害について東京都内で関係省庁に申し入れを行いました。生活・生業(なりわい)の再建、地域再生の支援策を拡充し、少なくとも東日本大震災や熊本地震などで行った支援策を適用するよう求めました。  田村貴昭、真島省三両衆院議員、高瀬菜穂子、山口律子両県議、松岡勝衆院比例九州・沖縄ブロック予定候補、田中よ[記事を表示]