活動日誌

共産党伸ばし暮らし守ろう 共産党に期待と声援 田村氏、福岡で応援

久留米市で応援=13日

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は4月13日、統一地方選後半戦をたたかう福岡県内の3市を駆け巡りました。  田村氏は、「暮らしを良くする願いと安倍政治への怒りを支持に結びつけ、暴走政治を止める道を切り開こう」と力を込めました。  演説には党員、後援会員らが集まってアピール、市民からクラクションや手を振っての激励がおくられました。  久留米市で[記事を表示]

深く地割れ『倒壊不安』 田村衆院議員、飯塚の陥没調査

2019042500660

 旧産炭地の福岡県飯塚市で、民家の敷地の陥没が問題となっています。相談を受け日本共産党の田村貴昭衆院議員は4月13日、飯塚市委員会の鵜沼武夫氏らとともに現地を調査しました。  田村氏は住民から家の傾きや基礎のひび割れなどの状況を視察。家の玄関のコンクリー卜のたたきはひび割れ、補修を繰り返しても地面に沈み込んでいくといい、奥の部屋の傾きは気分が悪くなるほ[記事を表示]

豚コレラ 拡大阻止と農家支援を 農民連など農水省に要求

豚コレラ

 国内で発生が続く家畜伝染病・豚コレラの感染拡大の防止などについて、農民運動全国連合会(農民連)は4月8日、養豚農家も参加して、農林水産省に要請しました。  豚コレラは、昨年9月以降、今年3月末までで17例が確認されています。  交渉には、農民連の笹渡義夫会長、農民連に団体加盟する畜産農民全国協議会(畜全協)の森島倫生会長のほか、群馬、千葉、埼玉[記事を表示]

安倍政治ノー託して 仁比・田村両氏が訴え 北九州・福岡

大石候補を応援=6日、小倉北区

 日本共産党の仁比そうへい参院議員と田村貴昭衆院議員は前半戦最終盤の4月5、6の両日、県議5人以上獲得を目指す北九州市と、全7区7人当選に向け大奮闘している福岡市を駆け巡りました。  5日、仁比、田村両氏は相次いで北九州市小倉南区(定数3)に入り、たかせ菜穂子候補を応援。仁比氏は民医連北九州ブロック後援会の会員や地域の党員約100人とともに街頭に立ち、[記事を表示]

あなたに入れんばね 安江県議候補へ激励 田村氏が応援 長崎

安江候補を応援=佐世保市、6日

 長崎県議選佐世保市・北松浦郡区(定数9)で議席に挑む日本共産党の安江あや子候補=新=は4月4日、田村貴昭衆院議員の応援を受け、佐世保市内のアーケード街など3ヵ所で、消費税10%増税ストップ」を訴えました。  安江候補は、消費税増税反対の署名をした人が「生活が苦しくてもまじめに税金を納めてきたのに、今ではお風呂も食事も我慢する生活だ。もうこれ以上税金は[記事を表示]