活動日誌

安全守る気象台ぜひ 市民ら 名瀬測候所の格上げ要請 鹿児島・奄美

2018060514_01_1

 「奄美の未来を考える 共同の会」(鹿児島県奄美地方の連合、地区労連、護憲平和フォーラム、国交労組気象支部名瀬分会など21団体で構成)の代表らは6月4日、国会内で日本共産党に対して、名瀬測候所の地方気象台への格上げを求め要請を行い、この間寄せられた請願署名7071人分のうち1200人分を託しました。  小野貴広奄美地区労連議長と川上真理同事務局長は、気[記事を表示]

農業守る2議席必ず 長崎・南島原市議選 小林・近藤氏が訴え 田村衆院議員が応援

無題

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は6月3日、長崎県南島原市議選(10日投票)の応援に駆け付け、小林ともなり(74)=現=、近藤一宇(いちう)(68)=新=両候補とともに街頭から訴えました。  田村氏は「今の国会は、国民不在の安倍ファーストの政治に塗り替えられようとしている」と指摘。「ひどい政治はこれにとどまらず、TPP法案が衆院で強行可決され、参院で審議[記事を表示]

安心して営農できる政策を 北海道農業会議が共産党に要請

 5月30日、東京都内で開かれた全国農業委員会会長大会の決議を受け、北海道農業会議の多田正光副会長らの要請団は、参院議員会館で日本共産党に要請を行いました。  多田副会長は「戸別所得補償の廃止、後継者難で不安が広がっている。安心して安定的に営農ができる農業政策を行ってほしい」と語りました。  北海道根室管内からの参加者が「乳価は上がっているが、後[記事を表示]

田村衆院議員迎え国政・市政報告会 熊本・水俣市

市政国政報告会=26日、水俣市②

 熊本県の日本共産党水俣市委員会は5月26日、田村貴昭衆院議員を迎え、来年の参院選、統一地方選勝利をめざす国政・市政報告会を開きました。120人が参加。高岡朱美市議、勇退する野中重男市議の後継をめざす平岡朱予定候補がともに訴えました。  田村議員は、「働き方改革」一括法案や卸売市場法改定などで悪政を強行する安倍政権を批判。「政治の私物化にうそで開き直る[記事を表示]

共闘のカを広げアベ政権終わらせる 福岡市で天神総行動

田村議員=19日、天神

 福岡市の天神で5月19日、「アベ政治を終わらせよう!天神総行動」が行われました。福岡県総がかり実行委員会の主催で九条の会福岡県連絡会、市民連合ふくおかが共催。200人超の参加者が森友・加計疑惑の徹底究明と憲法9条改憲阻止、脱原発での共同の前進へ声を上げ、野党各党の代表があいさつしました。  県総がかり実行委員会の青柳行信代表は、安倍政権の外交の破たん[記事を表示]