活動日誌

盗伐被害現場を田村衆院議員が調査 “皆さんの声を国に届ける” 宮崎

 宮崎県で盗伐被害が多発している問題で日本共産党の田村貴昭衆院議員が8月2、3の両日、現地調査と被害者、県、宮崎市、県警からの聞き取りを行いました。  田村氏は2日、宮崎市、日南市の盗伐被害現場を調査しました。宮崎市の現場では知らない間に伐採業者に杉を切られた被害男性(73)が説明。森林を大切に管理し、別の伐採業者に売る予定だったところを盗伐の被害にあ[記事を表示]

クロマグロ規制問題 自粛には生活の保障を 田村議員が宮崎県漁連と懇談

日本共産党の田村貴昭衆院議員は8月3日、宮崎県漁業協同組合連合会を訪れ、クロマグロの漁獲規制問題などについて懇談をしました。前屋敷恵美、来住一人両県議が同席しました。  県漁連の長友和久指導部部長は「カツオはえ縄漁船でヨコワ(クロマグロの幼魚)がどうしてもかかってしまい漁獲を回避できない。漁場を変えるために費用もかかる」と話しました。「国が共済を充実し[記事を表示]

安倍政権退陣早く 田村衆院議員が国政報告 福岡

城南区演説会2-180729 (3)

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月29日、福岡市城南区で国政報告をしました。かわの祥子参院福岡選挙区予定候補、倉元たつお市議がともに安倍政権打倒を訴えました。  田村氏は、安倍政権が西日本豪雨での災害対応よりもカジノ実施法をすすめたことや、北東アジアの平和構築での孤立を指摘。「災害対策、外交をこの政権に任せておくわけにはいかない」と強調しました。創立[記事を表示]

佐賀空港へのオスプレイ配備 防衛省に断念求める 党佐賀県委など

防衛省 要望書

 佐賀県の日本共産党や民主団体・労組でつくる「くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会」(懸山直之代表)は7月25日、政府交渉を行い、佐賀空港へのオスプレイ配備断念を防衛省に求めました。  一行は防衛省に対し、佐賀空港建設時に漁協などと佐賀県が交わした「公害防止協定」に「自衛隊との共用はしない」と明記されていることを指摘。むとう明美県議は、佐賀市長が「公害[記事を表示]

新しい政治へ共闘 田村、かわの両氏が朝宣伝 福岡

IMG_6187

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月24日、福岡市のJR博多駅前で行われた党福岡県委員会の朝宣伝で、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補らとともに安倍政権打倒を訴えました。  田村氏は、野党が西日本豪雨の災害対応を最優先とするよう求めたにもかかわらず、安倍政権が背を向けたことを批判。野党が共同で提案する被災者生活再建支援法の拡充の実現を訴え、「平和を壊し暮[記事を表示]