活動日誌

酪農・畜産支援、充実を 農水相に党議員団が申し入れ

江藤拓農水相(中央)に要請する紙智子(左)、田村貴昭の両議員=6日、農林水産省

 日本共産党国会議員団は12月6日、2020年度の畜産政策価格と関連対策の決定にあたり、酪農・畜産の生産基盤を掘り崩す輸入自由化路線の転換、安心して生産できる支援を求め江藤拓農林水産相に申し入れました。田村貴昭衆院議員と紙智子参院議員が参加しました。  申し入れ内容は、▽加工原料乳生産者補給金を再生産可能な水準まで引き上げる▽集送乳調整金を輸送環境の変[記事を表示]

建設国保を育成強化 全建総連が要請 共産党議員団に

 全国建設労働組合総連合(全建総連)は12月5日、吉田三男委員長、勝野圭司書記長らが参院議員会館で日本共産党国会議員団と懇談し、来年度予算に向けた建設国保への国庫補助水準の確保、建設現場の労働環境改善などを要請しました。  懇談では、▽建設国保の育成・強化、国庫補助は医療費の伸びを勘案し現行水準を維持▽適正工期の確保、労働者への適正賃金の支払い、下請け[記事を表示]

馬毛島買収めぐり質問主意書 田村貴昭衆院議員

田村貴昭衆院議員

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月4日、米空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の実施候補地とされている馬毛島(まげしま=鹿児島県西之表市)の土地買収に関する質問主意書を提出しました。地元合意もないまま、不動産鑑定評価額の3倍を超える約160億円で買収することを地権者の開発会社と合意した内容や積算根拠などを明らかにするよう求めました。  防衛省が買収交渉[記事を表示]

石炭火発 融資中止を インドネシアNGOと共産党懇談

Screenshot_2019-12-05 しんぶん赤旗電子版 今日の紙面

資金洗浄・贈収賄も発覚  日本の官民がすすめるインドネシアのチレボン石炭火力発電所の拡張計画について、日本共産党の伊藤岳、岩渕友の両参院議員、田村貴昭衆院議員は12月4日、計画や融資の中止を求める現地の住民やNGOと国会内で懇談しました。  1号機発電所によって環境、住民の生業(なりわい)や健康破壊が広がるなか、現在2号機の拡張計画が進んでいます[記事を表示]

首相の地元事務所に質問状 「桜」野党追及本部 “調査続ける”

メディアの質問に答える「総理主催『桜を見る会』追及本部」の野党国会議員ら=2日、山口県下関市

 首相主催の公的行事「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会員らが多数招待されていた問題で、野党でつくる「総理主催『桜を見る会』追及本部」が12月2日、首相の地元・山口県下関市での調査日程を終え、同市内の首相の事務所に公開質問状を届けました。  同本部視察団はこの前日、「桜を見る会」参加者や地元自治体議員らから聞き取り調査を実施。質問状はこの結果も踏まえて[記事を表示]