活動日誌

4候補の必勝を訴え 南さつま・霧島市議選 田村衆院議員が応援 鹿児島

街頭で支持を訴える(左から)清水候補、田村議員=7日、鹿児島県南さつま市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は11月7日、同日告示された鹿児島県の南さつま、霧島両市議選で党議席確保をめざす、4候補の出発式や街頭演説に駆け付け、必勝を訴えました。  党が2議席目に挑む南さつま市では、神野たかし候補=新=の出発式で訴え、清水はるお候補=現=と街頭演説しました。  田村氏は、同市で党議員が子ども医療費の高校卒業までの無料化、学校[記事を表示]

医療費無料化実現へ 鹿児島・南さつま市議選 2議席へ全力

南さつま市議選応援 (7

 鹿児島県南さつま市議選が11月7日告示(14日投開票)され、日本共産党の清水はるお(66)=現=、神野たかし(62)=新=両候補が、8年ぶりの党2議席回復をめざして全力をあげています。定数17(1減)に20人が立候補(現職11、新人9)する大激戦です。  清水氏は坊津町議時代から通算8期30年間、市民の願い実現に奮闘し、県内でいち早い学校給食費無償化[記事を表示]

鹿児島・霧島市議選告示 宮内・前川原氏が必勝の訴え

7日 霧島市議選

 鹿児島県霧島市議選(定数26、立候補37人)が7日告示(14日投票)され、日本共産党の宮内ひろし(71)、前川原まさと(60)=ともに現=両氏が2議席確保をめざして立候補しました。  両候補は、▽PCR検査とワクチン接種体制の強化、医療機関への支援▽国保税、介護保険料の引き下げ▽高校卒業までの子ども医療費無料化▽公共下水道料金の引き上げ計画中[記事を表示]

党の魅力広げよう 長崎で総選挙報告集会

9481244E-A81B-4A0A-85CA-EB40EFD18BD8

 日本共産党長崎県委員会は11月6日、田村貴昭衆院議員、真島省三元衆院議員を迎えて「総選挙報告集会」を長崎市内で開催しました。  3期目の当選を果たした田村氏は、「長崎新聞」の報道も紹介して「野党共闘が自民党を追い詰めたことは明らか。野党共闘と日本共産党の政策的優位性に確信をもって、来年の参院選にのぞもう」と訴えました。  比例候補として奮闘した[記事を表示]

神武予定候補事務所びらき 女性の声を神武候補に 田村氏が応援 福岡・太宰府

市議選勝利を訴える(右から)田村、神武両氏=3日。福岡県太宰府市

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は11月3日、福岡県太宰府市議選(12月5日告示、12日投票)に立候補する神武あや予定候補の事務所開きに駆け付けました。約70人の後援会員らが集まりました。  田村氏は「女性の声を市政に。すべての人の権利を守るために議席が必要だ」と訴え。総選挙で野党共闘が前進した一方、改憲勢力が議席を伸ばしたことにも触れ、「9条守れの声も[記事を表示]