活動日誌

宮崎知事選 「物言える知事こそ」 松本知事候補を田村衆院議員が応援

国にしっかり物を言う知事を誕生させようと呼びかける田村氏=9日、宮崎市

日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月9日、宮崎県知事選(23日投票)の応援に入り、宮崎市で行われた松本たかし知事候補の街頭演説で訴えました。  田村氏は、入管法、水道法、漁業法など、与党の横暴な国会運営を批判。「憲法じゅうりん、暮らし破壊の消費税増税、新田原基地の米軍基地化など、ひどい政治に対し、しっかり物が言える松本隆候補を押し上げよう」と訴えました[記事を表示]

森林盗伐 田村衆院議員が現地調査 「金で解決」許せない 宮崎・えびの

宮崎盗伐調査=9日、えびの市

寺所有の杉も大規模伐採  日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月9日、宮崎県えびの市を訪れ、森林盗伐被害現場を調査しました。日本共産党の西原政文市議と西原義文市議(功徳会)、遠目塚文美市議(すずらん会)が同行しました。  伐採現場は、道路から死角になるような山の奥の方が違法に伐採されていました。現場では4件の被害があり、山のふもとにある寺が所有する杉も[記事を表示]

佐賀知事選 ウソない政治必要 いまだ知事候補を田村衆院議員が応援

訴える田村氏=8日、佐賀市

  日本共産党の田村貴昭衆院議員は12月8日、佐賀知事選挙(16日投票)をたたかう「みんなで明るい佐賀県政を守る会」の、いまだ真人候補=日本共産党推薦、新社会党支持=の応援に駆け付けました。  いまだ候補は「選挙戦の中、『佐賀空港にオスプレイが来たらダメになる』『原発事故は防ぎようがない』などの声が有権者から寄せられています。オスプレイの佐賀空港配備や[記事を表示]

「勉強したい」無償化願う 学費の格差をなくそう 私学助成をすすめる会

 全国私学助成をすすめる会は12月7日、学費の公私格差・自治体間格差の是正を求める集会を衆院第1議員会館で開きました。  私学の学費負担軽減の到達点を報告した同会の共同代表世話人の永島民男さんは、国の就学支援金施行から9年、学費滞納による中退が激減し、私学志向が増え私立生徒は全体の32%に増えたと指摘。しかし、自治体の独自助成・補助のばらつき・格差が大[記事を表示]

北九州市長選来年1月13日告示 ながた氏が事務所開き

永田事務所開き③

 来年1月13日告示(同27日投開票)の北九州市長選に立候補する、なかた浩一候補=無所属新、日本共産党推薦=の事務所開きが12月2日、市内で開かれまた。支援者150人が選挙勝利の決意を固めあうとともに、街頭宜伝で市民にアピールしました。田村貴昭衆院議員が応援に駆け付けました。  永田氏は、「安倍政権にものが言えるかどうか、市民の懐を温める活性化ができる[記事を表示]