活動日誌

共同さらに広げ安倍政権打倒の年に 共産党、新春からダッシュ/北九州市八坂神社前 田村・仁比氏

八坂神社で新年あいさつ

 日本共産党の田村貴昭衆院議員と仁比聡平参院議員は1月1日、北九州市の八坂神社前(小倉北区)で参拝客らと年始のあいさつを交わし、「安倍政権の憲法改悪をやめさせよう」と訴え、3000万署名を集めました。  高瀬菜穂子県議と大石正信、出口成信、柳井誠各市議も参加。「憲法を守り抜く年にしよう」との呼びかけに、初詣の青年や親子連れ、お年寄りなどが次々と署名しま[記事を表示]

九州北部豪雨 朝倉市に義援金 田村・高瀬氏届ける

26000961_1123831481053172_6653282491876014477_n

 九州北部豪雨から間もなく半年を迎える福岡県朝倉市に日本共産党福岡県委員会は12月27日、県委員会に寄せられた義援金を届けました。田村貴昭衆院議員と高瀬菜穂子県議が市役所を訪ね、森田俊介市長に目録を手渡しました。  森田市長は、全国から寄せられた義援金が第3次配分まで進んで被災者の助けとなっていることや、元の地域での再建を希望する被災者の増加、土砂の処[記事を表示]

市議選で2議席必ず やなぎ・後藤両予定候補訴え 福岡・糸島

糸島決起集会 バンザイ

 1月21日告示(28日投票)の糸島市議選(定数20、2減)でやなぎ明夫、後藤こうじ両予定候補の勝利を目指す決起集会が12月23日、日本共産党の田村貴昭衆院議員を招いて市内で開かれました。  田村氏は、糸島市を含む福岡3区などでの野党共闘の流れが国会で続いていることを報告。玄海原発再稼働阻止など市民の政治への関心が高まっているとし、「無くてはならぬ日本[記事を表示]

豪雨復旧責任はJRも 共産党国会議員団が日田彦山線を調査・交渉 東峰村長と懇談

東峰村 (5)

 九州北部豪雨被害からJR九州・日田彦山(ひたひこさん)線の早期復旧のため、前日から2日間の日程で現地調査をしている日本共産党の国会議員団は12月21日、福岡県東峰村を訪れ、福岡市のJR九州本社で鉄道事業者としての責任を果たすよう求めました。宮本岳志、田村貴昭両衆院議員、仁比聡平、山添拓両参院議員、真島省三前衆院議員、高瀬菜穂子、山口律子両県議が参加しました[記事を表示]

日田彦山線復旧急げ 党国会議員団が調査 福岡・大分

DSC04190

 九州北部豪雨による被害のため一部区間で不通となっているJR九州の日田彦山(ひたひこさん)線の早期復旧に向け日本共産党の国会議員団が12月20日、福岡県添田町と大分県日田市で現地調査をしました。宮本岳志、田村貴昭両衆院議員、仁比聡平、山添拓両参院議員、真島省三前衆院議員が参加。首長や住民から要望を聞きました。  首長らとの意見交換で山添氏は「地域の足と[記事を表示]