活動日誌

野党の共同、政治動かす 田村議員らオンライン国政報告会 大分

 日本共産党大分県委員会は5月25日、田村貴昭衆院議員との「オンライン国政報告会」を開催し、ライブ配信しました。堤栄三、猿渡(えんど)久子の両県議、福間健治大分市議らが参加し発言しました。(動画はコチラ)  田村氏は冒頭、世論調査で安倍政権支持率が30%を下回ったことにふれ「この数字は怒りの数字だ。自民党は動揺している」と指摘。検察庁法改定をめぐり、ツ[記事を表示]

文化関連に補償こそ 福岡・大きな打撃 田村貴昭衆院議員が劇団・映画会社など懇談

文化への直接的支援を実現させたいと話す田村衆院議員(左から2人目)=23日、福岡市

 コロナ禍で文化関連にも大きな打撃が及んでいる問題で、日本共産党の田村貴昭衆院議員は5月23日、福岡市内で県内の劇団、映画会社と懇談し、現状を聞き取りました。高瀬菜穂子県議、福岡市の倉元達朗、綿貫英彦両市議、太宰府市の神武あや市議が同席しました。  「劇団道化」では、2月から17公演が中止に。演出担当の篠﨑省吾さんは、文化関連への直接的な補償がないこと[記事を表示]

困った人に支援届ける 田村議員がオンライン国政報告会 長崎

オンライン国政報告会 長崎②=17日

 日本共産党長崎県委員会は5月17日、田村貴昭衆院議員のZoomによる国政報告会をインターネットで配信しました。堀江ひとみ県議、小田徳顕・佐世保市議も参加。まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補が電話で発言しました。(動画はこちら)  田村氏は、検察庁法改定案審議中の委員会室に「強行採決反対」と抗議の声が聞こえてきたことを紹介。「『多くの国会議員[記事を表示]

種苗法改定やめよ 食健連が請願署名提出

97218424_2361500493952925_5646391631998353408_n

 農民、女性などの団体、労組などでつくる「国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会」(全国食健連)は5月13日、安倍政権が今国会での成立を狙っている種苗法改定案を審議せず、廃案にするよう求める請願署名約1万5000人分を衆院第2議員会館内で日本共産党国会議員団に提出しました。その後、参加者は、衆院農水委員への議員要請を行いました。  同改定案では、長年、農[記事を表示]

新型コロナ 離農防止へ抜本補償を 農民連が農水省要請

 農民運動全国連合会(農民連)は5月13日、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響を受けている農家への支援を抜本的に強めるよう農林水産省に要請しました。全国食健連の舘野豊事務局長らも参加しました。  和牛農家の粗収益が生産費を下回った際に、差額の9割を補填(ほてん)する制度(牛マルキン)があります。今回、実際に補填されるのは9割のうち制度への国負担分[記事を表示]