活動日誌

党国会議員団ジェンダー平等推進委 「共感次々」総選挙の経験交流 今後の活動に生かそう

無題

 日本共産党国会議員団のジェンダー平等推進委員会は12月1日、国会内で会合を開き、総選挙でのジェンダー平等政策の訴えや反応を交流し、今後の国会内外での取り組みについて意見交換しました。  委員会責任者の高橋千鶴子衆院議員は「ジェンダー平等を初めて政策の柱に明記してたたかった総選挙だった。それぞれが訴えで工夫したことや反応を交流しあい、今後の活動に生かし[記事を表示]

高校生からも注目 田村貴昭議員ら月曜宣伝 北九州市

262354661_3888982177871408_364978833845882454_n (2)

 田村貴昭衆院議員と藤沢加代北九州市議、高瀬菜穂子福岡県議は11月29日、小倉南区のJR城野駅前で宣伝しました。野党共闘の成果、文書通信交通滞在費問題、学費引き下げなどについて訴え、通りかかった高校生に総選挙結果報告のビラとジェンダーリーフを渡しました。  田村議員は毎週月曜の定例宣伝を欠かさず行い、市民に党の存在をアピールしています。宣伝は高校生から[記事を表示]

馬毛島基地 アセス中に工費支払い 田村貴昭議員に防衛省 建設ありき

馬毛島問題で聞きとり (2)

 米空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転と自衛隊基地建設が狙われている馬毛島(鹿児島県西之表市)をめぐり、日本共産党の田村貴昭衆院議員は11月29日、国会内で防衛省の担当者から聞き取りをしました。11日に防衛省が入札公告を開始した、コンクリートを製造する仮設プラント設置について、環境影響評価(アセスメント)が終わっていない22年度に工費の支払いが発生するこ[記事を表示]

馬毛島新基地強行させぬ 市民・野党など集会 鹿児島・西之表

 鹿児島県西之表市の馬毛(まげ)島への新基地建設強行に抗議する市民集会が11月27日、同市で行われました。「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」が主催。昨年12月の抗議集会を上回る200人が参加しました。  同島への米空母艦載機離着陸訓練(FCLP)移転と新基地建設をめぐって、防衛省は11日に基地建設用のコンクリートをつくる仮設プラントの入札[記事を表示]

佐賀・鳥栖市議選 党2議席へ支援訴え 田村議員が応援

無題

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は11月18,19の両日、最終盤(21日投票)の佐賀県鳥栖市議選で現有2議席確保をめざし、奮闘する尼寺省吾、なりとみ牧男両候補(ともに現)の応援に駆け付けました。  18日、なりとみ候補の個人演説会に駆け付けた田村氏は、鳥栖市でコロナ対策緊急事業支援給付金を拡充し、対象を広げたことをのべ、「命と生業(なりわい)を守るために[記事を表示]