国土交通委員会

下関北九州“忖度”道路 調査凍結なぜ解除 田村貴昭氏追及 衆院国交委

下北道路問題=17日 田村議員1

 日本共産党の田村貴昭議員は4月17日の衆院国土交通委員会で、凍結されていた下関北九州道路が国の直轄調査対象に引き上げられた問題を追及しました。塚田一郎・前国交副大臣が安倍晋三首相らの意向を「忖度(そんたく)」したと言及したことに関連し、「現政権の中枢の大きな意思と力が働かない限り百八十度変わる政策の転換はできない」とただしました。 (質問動画はコチラ) [記事を表示]

博多道路陥没 設計変更 国把握せず 田村貴昭氏追及 国交省「届け出なし」

PC021698

 11月8日未明にJR博多駅前で起きた地下鉄七隈線工事による大規模陥没事故の2カ月前に重要な設計変更があったにもかかわらず、国はその届け出を事前に受けていなかったことが明らかになりました。日本共産党の田村貴昭議員が2日の衆院国土交通委員会で追及しました。 (質問動画はコチラ) (委員会配布資料はこちら) (議事録はコチラ)  設計変更した箇所の[記事を表示]

指宿枕崎線の維持確認 田村議員 JR九州社長答弁

日本共産党の田村貴昭議員は5月15日、衆院国土交通委員会で、JR九州を2016年度に株式上場させ完全民営化する法案について、公共交通事業者が第一に求められる輸送の安全や利便性が利潤追求の合理化により損なわれないよう求めました。 (質問動画はこちら) (議事録はコチラ) 田村氏は、参考人の青柳俊彦同社社長に対し、同氏が存廃の検討対象としてきた鹿児[記事を表示]