議事録

196-衆-農林水産委員会-6号 平成30年04月04日 農地の多面性ゆがむ 植物工場促進を批判 田村衆院議員

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 農業経営基盤強化促進法の一部改正案について質問をします。 まず、相続未登記農地の利用促進についてであります。 午前中からこの質問が続いているわけでありますけれども、存続期間二十年のことについて、まずお聞きします。所有者の過半が判明しない場合においても、農地中間管理機構への利用権の設定ができるようにするわけで[記事を表示]

196-衆-農林水産委員会-5号 平成30年03月28日 諫早湾干拓農地のカモの食害について

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 諫早湾干拓工事について、きょうは干拓農地のことについて、さまざまな問題について質問をさせていただきたいと思います。 国営諫早湾干拓事業は、二〇〇八年から経営体等によって、貸付けがされ、今、十年たっていますが、農業が行われているところであります。 まず最初に、大臣に伺います。 営農地は長崎県農業振興公社にお[記事を表示]

196-衆-農林水産委員会-4号 平成30年03月22日 水産加工業守る時 「原材料購入の補助必要」 田村衆院議員が要求

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 水産加工業施設改良資金融通臨時措置法の一部を改正する法律案について質問します。 改正の理由にある漁獲量の減少であるとか、また、近年課題となっている漁獲物のサイズ、魚種構成の変化というのは、具体的にはどういうことを指しているのでしょうか。何が減って、何に、どういう形に変わってきているのか、簡単でいいので説明をし[記事を表示]

196-衆-農林水産委員会-3号 平成30年03月20日 赤字でも交付金廃止 「コメつぶし政策だ」/漁民納得の和解案を 諫早非開門前提の国を批判

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 最初に、今国会、大問題となっている文書改ざん事件について、齋藤大臣の見解を伺います。 公文書の改ざんは重大な犯罪であります。改ざん文書を作成し、それに基づく答弁というのは、行政府が立法府を欺くことになります。権力の分立、そして議院内閣制という、この国の統治機構を揺るがす行為として、私は重大問題であると考えてお[記事を表示]

196-衆-環境委員会-4号 平成30年03月20日 ぜんそく患者が増加 新救済制度を 衆院環境委 田村貴議員

○田村(貴)委員 日本共産党の田村貴昭です。 まず最初に、今国会重大問題となっている公文書の改ざん事件についてであります。 公文書の改ざんは、これは重大な犯罪であります。文書を改ざんし、国会に提出する、そしてそれに基づいて答弁が行われる。これは、行政府が立法府を欺くというゆゆしき事態であります。権力の分立、そして議院内閣制というこの国の統治機構の根幹を揺[記事を表示]